テスラチャージングカード更新

21105966_1928639217423785_7879720838127538984_n

10月で納車2年です。テスラからテスラチャージングカード更新の案内が来ました。最初の1年は全て無料でした。それはテスラスーパーチャージャーが少なかったからですね。納車当時は国内6ヶ所のみでした。翌年(つまり現在)は月々3250円、都度充電料無料でした。現在14ヶ所。2015年にテスラが約束した30ヶ所の半分にも満たないのですが、本音を言えばもう少しがんばって欲しかったです。

新型プリウスPHV、アウトランダーなど高速充電対応のPHVも多くなり、新型リーフも走るようになるでしょうから、今までよりCHAdeMoも使いにくくなって来るでしょう。あえてストレスを避けるために解約も検討しています。

テスラCEOのイーロンマスクは、モデルS,Xを買ってくれた顧客が、他の小型電気自動車と一緒に充電の列に並ぶ姿を想像したでしょうか?しかもどの車より充電時間が長いのです。。

日本にテスラはどんどん納車されているのに、日本のスーパーチャージャー設置はなぜこんなにスローペースなのか?
がんばって欲しい!京都、広島、山口、四国(徳島、高知)にも最低限、大阪、神戸にももう1,2ヶ所お願いしたい!!

————-

テスラチャージングカード初年度キャンペーン終了のご案内

2016年10月よりテスラチャージングカード初年度キャンペーンとして提供させていただいておりました
都度充電料金の無料キャンペーンが、2017年9月30日23:59充電終了分をもちまして終了となります。

無料キャンペーン期間終了後は、ご登録いただきましたクレジットカードより、
すでにご選択いただいているプランの月会費(急速普通併用:3250円/急速充電器専用 :3000円)に加え、
急速充電 15円/分、普通充電2.5円/分(いずれも税別)の都度充電料金の引き落としが開始となります。

無料キャンペーン期間終了前に退会をご希望の方は、2017年9月25日までに下記コールセンターまでご連絡をお願いいたします。
継続してご利用される場合は、ご連絡の必要はございません。(自動的に継続されます。)

—————–

広告

中国の杭州(Hangzhou)へ

中国の杭州(Hangzhou)へ出張に行ってきました。昨年G20が開かれた都市です。日本で言えば京都でしょうか。西湖(さいこ・WestLake)という美しい湖がある、緑豊かな観光地です。G20のお陰か、5年前に行ったときよりも住宅、街中、オフィスビル街、高速道路などあらゆる場所の緑化が以前の20倍ぐらいに進んでいて本当に驚きました。街中森だらけです(笑)
都心では高層ビルが建ち並ぶ広大な新宿、渋谷といったところで若者のファッションの中心地でもあります。

本ページは環境配慮車のページですのでその話題を。
当然テスラも日本より数多く走っています。モデルXが多いですね。テスラスーパーチャージャー(充電設備)も杭州だけで4ヶ所も、あとはチャデモ充電器が1ヶ所最低4~6機ほどあちこちの観光地の駐車場,PAにあり驚き!
ですがリーフやBMW i3は1台も見かけません。EVタクシーが少々。これから世界や中国製のEVの出番という感じです。5年待たずにすっかり入れ替わってしまうかも知れません。
そして街中は環境に配慮し、エンジン付きバイクは禁止!のため無数の電気バイク(1充電で70km走る)がそこら中走っており専用レーンもありますが、逆走や歩道も走るので何度もひかれそうになりますので注意です(笑)

そしてこの都市には大型トラックやバスはかなり規制されており、許可がなければ都市には入れないことになっています。しかも都市バスにはBYD製のEVバスが4台に1台ほどの割合で走っています。電気で走るトロリーバスも多いので、大型車の排気ガスに悩まされることはほとんどありません。
EVバス乗ってみましたが、どこまで乗っても2元(約32円)なので凄く経済的!走行感覚はテスラ同様EVそのものでスタートダッシュが凄く速い!詳しくは後ほど。
帰って来た感想として「日本は完全に遅れている!」ということ。
ひとまず街中で見かけたテスラ、EVバス、電気バイクなどの画像を。

関空にてEVコンセント

関空にてEVコンセントとモバイルコネクターによる普通充電。第1パーキング4台、第2パーキング4台の合計8台分あるようです。旅行中充電okなので助かります。200v12Aの2kW充電。駐車料金は無料KIXカードで25%OFFで1週間でも9千円ほど。

現在、テスラモバイルコネクターのEVコンセント用アダプターが残念ながら本国でも廃番だそうで、自己責任でアダプターを作るか、、プリウスなどの汎用200v充電器とJ1772が必要というのが残念。

テスラ純正ホイール重量

20643311_1922164691404571_2325407329186512944_o
1,19インチ旧標準: 13.38kg
2,19インチサイクロン: 13.52kg
3,19インチスリップストリーム(現行標準):13.15kg
4,21インチタービン:8.5J=15.97kg / 9J=17.24kg
5,21インチ アラクニドArachnid (Forged):8.5J=12.6kg / 9J=13.2kg
https://tsportline.com/…/owne…/the-tesla-model-s-wheel-guide

PCD:5×120mm
センターボア:64.1mm
ラグナットサイズ:M14x1.5mm、60°テーパー
オフセット:40mm
締付トルク:175Nm

 

以下動画より。フロント3.2kgx2、リア3.4kgx2=合計13.2kgも軽量化!凄い!

21インチタービン:8.5J=15.8kg / 9J=16.6kg
21インチ アラクニドArachnid (Forged):8.5J=12.6kg / 9J=13.2kg

Tesla Model3インテリア

Tesla Model3インテリア
とってもシンプルです。とんでもない未来感に包まれますね。
これをチープという人は多いですが、テスラは機能が伴わない無駄な高級感というのが嫌いな会社です。これは未来の価値観を予言するような車です。
モニターで全て制御。自動運転用8台のカメラに加えて座席全体を写す室内用カメラもルームミラー上にあるようです。35,000ドル(約387万円)から買える車ですが、レーダー、12個の超音波センサー他ハードウェアは完全自動運転対応です。あとはソフトのアップデートで無人車になります。凄いですね。