LEXUS 新LSに試乗。

今日は小雨が降る中でしたが新型LSに試乗。セルシオから進化したLSから12年ぶりにフルモデルチェンジした最新のLSに乗ってみました。過去にセルシオを4台乗り継いでいる私にとって国産車の中では最も気になる一台なのです。

第一印象の外観はかなり大柄で車高も高くいかにもビッグセダンというイメージ。横幅だけはモデルSの方が5cm幅広。なんとなく全体に日産ぽいデザインです。昔はLSもセルシオも一目で見てわかる差別化された上品なデザインだったのですが、5年ほど前からLSだかクラウンだか、CSだかわからなくなって来たのがとても残念。みんなダースベイダーのような怖い顔でおぞましく子供が泣き出しそうだ😿

室内に乗り込むと、外観の大柄さと比べ前席も後席もタイトで驚き。室内が狭い! 天井も低い。足元も狭い、さらにトランク狭いと狭いづくし。ロングモデルも無いそうなのでこの狭さには驚きでした。内装もメルセデスやアウディと比べるとプラスチッキーでコストダウンが見て取れるが、さすがに国産最上級車だけあり上質な雰囲気はある。しかしこれは1500〜1800万の車です。またまたこの車も高額になってしまいました。

展示車はハイブリッド、試乗車はV6、3.5Lツインターボ422馬力でF-SPORTS というスポーツモデルでした。以前V10 5.2L、450馬力のAudi S8に乗っていたので楽しみ~。
相変わらずエンジンonボタンと左手シフトが面倒に感じてしまう。走り出してみると、遠くで聞こえるエンジン音が正直うるさく結構な振動も感じる。乗り心地は20インチホイールを履いているわりには良い方でした。21インチの自車と同じような乗り味でした。
全開で高速を飛ばすが、スポーツ+モードでもやはり2、3テンポ遅れての加速はテスラオーナーにとっては非常に物足りない部分で、これだけで乗り換える気は全く起こらない。加速もやかましいだけで全く物足りなく私のもうすぐ車検の旧型テスラ廉価モデルの方が数段速い。

さらに笑ってしまったのが、スピーカーから聞こえる加速時の作られたエンジンサウンドで、これはプレステのゲームの方が良い音がする。ブーンというただのノイズではないか。。音量はコーディングで小さくできるが消せないそうで、一体何を考えて車を作っているのか。。営業マンも呆れてました(笑)社長の趣味とかで、、これはやってしまいましたね。LCはまあまあいい音していたのに、、S8のV10サウンドが懐かしい。

自動運転も、50km/hからでしか作動しないLKAもステアリングボタンを注視しながら押さないとダメで、発進時は毎回操作が必要。はっきり言ってめちゃくちゃ使いにくい。15年前のセルシオからほとんど進化していないではないか。全く未来感が皆無だった。これが世界のトヨタの最上級車です、残念。私のテスラのなんと楽なことか。。渋滞時はやる事がないのが普通と思っていた。最近はメルセデスとアウディ、BMWもそうですよね。

うーん。これはヤバイかも知れません。最近よく売れているらしく街中でもすごくよく見かけます。みんなこのポンコツを1500や1800万円も出して買うなど信じられない。これは700万円程の価値と見た。でもモデル3の方がよっぽど素晴らしい車だと思うが。

しかし最近みんなは何を基準に車を選んでいるのだろう。なんだか気持ちが悪いので、口直しに近日にもメルセデスでも乗って来ます。

広告

LEXUS 新LSに試乗。” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください