アラクニッドホイール装着!

本日ビーライトさんにて装着して頂きました。ありがとうございました。感謝です!デザインはタービンが上品で好きですが、念願の軽量鍛造ホイール!今日から大切に使わせて頂こうと思います。
このテスラ純正アラクニッドホイール(Archnid Wheel)は、アルミ合金AL6061-T6の鍛造品とのこと。日本のJWLも取得していますので車検も大丈夫です。詳細データはこちら。

バネ下13.2kg軽量化の実感はまだ無し、大径ホイール独特の共鳴音は低い感じで良い印象です。コンチネンタルSC5の乗り心地はMC5(14,494km走行)とほぼそのままで安心しました😄 交換時50,900km
本当は昨年知らせが届いたときにグレー希望と伝えてあったのですが、再度取り寄せとなるようで、せっかくご用意頂いたわけですし、家族の女子達の希望もあり(笑)、清潔感のあるこちらシルバーにしました。

タイヤはコンチネンタル スポーツコンタクト5のフロント245/35-21(47/17が2本)と、リア SC5p 265/35-21(06/16、35/16)。フロントは一般、リアはテスラ認証のTOタイヤでした。Treadwear 240 AA-Aですので、MC5の340と比較し摩耗は30%ほど早そうで2万キロ持たなそうな感じです。そのぶんグリップは優れていそうです。 MC5のグリップはドライウェット共に不満は全くありませんが期待します。

3FFF70EA-3184-442A-897E-727050C655EF

MC5との比較。フロントのパターンは酷似。

海外サイトの評価
Continental SportContact5
クリップボード01
Continental MaxContact 5
クリップボード02.jpg

IMG_29603

300kmほど走っての感想としては、乗り心地、静粛性も満足点。リアは265なので若干ハードさは増した気がするが、軽いホイールのせいか追従性はとても良くなった。加速は踏んでからの3秒ほどが特に良くなった気がするし、なぜかステアリングレスポンスが相当良くなった。いい意味でスポーティーになり、ひとまわり小さな出来のよいドイツ車、なんだかちょっとだけ近年のポルシェ911などのテイストを盛り込んだ、そんな印象です。足回りが軽くなったと言うよりも、加速感もコーナーリングも含めて、不思議ですが車重が軽くなった感じがします。

ドライグリップは今のところ完璧、ウェットも十二分のグリップです。過信は禁物ですが。
今までと大きく異なるのは、テスラは空気圧が常時モニター出来るのですが、冷間時2.9に合わせて高速道路を走ると通常3.4ぐらいまでは上がるのですが、ずーっと3.1のままいくら走っても空気圧が上がらないこと。最近寒暖の差が少なくなったせいもあるかも知れませんが、
これはなぜだかわかりません。タイヤの問題かも知れないし、ホイールの冷却がいいのかもしれない、テスラに乗って今までこんなことは初めてなので、ホイールのお陰なのかも知れません。面白いです。何かわかったらまた書きます。

テスラの21インチタイヤを以下価格コムにて調べると、今回のSC5/SC5pは1本6万円以上もする高級タイヤと気付く(笑)4本25万円以上とミシュランPSS(約18万)より高く、、MC5(4本で7万前後)の4倍近くもするからびっくり!(笑)
※テスラのタイヤはテスラのサービスで買った方が安いことも多いのでまずはテスラにご相談ください。
http://kakaku.com/car_goods/tire/itemlist.aspx?pdf_Spec201=21&pdf_Spec202=245,265&pdf_Spec203=35&pdf_so=p1

アラクニッドホイール装着!” への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください