リアゲートのアクチュエーターとラッチ交換

12/19からのリアゲートの故障ですが、本日12/28に日本に3台しかないテスラモバイルサービスカーで大阪サービスセンターから修理に来て頂きました。
リアゲート が閉じる際、最後に作動するアクチュエーターという部品と、ついでに半ドアを検知するマイクロスイッチが付いたラッチも念のために交換して頂きました。1時間半ほどで2つの部品交換完了。アクチュエーターはブラックボックスのようでしたが、特別にバラして頂いたところ中にはマブチのモーター(笑)?とギアだけのなんてことないパーツ。
前車アウディS8のトランクモーターは同じような構造で15万(!)でしたがこちらはお安く数千円だそうです。モデルSのリアゲートの開閉モーターは 左側はダンパー で右側にモーターが内蔵されているらしいです。
次回からは部品さえあれば自分で交換できそうですがリアパネルのクリップ外すのに苦労するのと(クリップを外すたび壊れるので予備が10個以上は必要)パネル後端が両面テープで3箇所くっついているので少し面倒そう。来て頂いたメカニックはお若いながら元Audi と元Jaguarの凄腕のメカニックでした。聞くとテスラの整備性はなかなか良いそうです!安心しました。
このモデルSの電動リアゲートは本当に便利なのですが、やはりこの手の電動パーツはいつかは壊れます。ドアのイージークローザーも前車S8とセルシオには付いていたのですがモデルSには無くて当初不満でしたが、そう考えるとそんな物は無くても良いパーツかも知れませんね(笑)
モデルSの最も壊れる部品はドアハンドルなのだそうですが、私のは納車3か月の初期不良で右リアのみ交換済み。これは突然壊れるらしいので覚悟しておきます。フェイスリフト後のドアハンドルは3世代目で頑丈なようです。モデル3は壊れるところが少なそうで長く乗るには良いかも知れません。モデルXは便利な分さらに電動パーツも多数で大変そうなので保証が切れたら大変ですが、テスラは8年16万キロまで有償で保証延長ができるので、長く乗るのなら特にXはこれを利用しない手はないかと思います。
そして私もちょうど1年前の2年2か月でエラーが出始め、その3か月後の今年3月に行なった12Vバッテリー交換も定番消耗部品で長く持って3~4年とのことなので、車両駆動用バッテリーから常時充電されているEVとはいえ12Vバッテリー交換は一般車と同様なようですね。

年の瀬の忙しい中、テスラメカニックの迅速で丁寧な対応にはいつも頭が下がります。これで安心して年末年始を過ごすことが出来ます。本当にありがとうございました!(感謝感激!) 納車3年2ヶ月 61,035 km

京都スーパーチャージャーに行ってきました!

待望の国内20か所目のスーパーチャージャー!しかも近くの京都!嬉しくて家族でドライブがてら行ってきました(笑) 場所は京都駅近くの「リーガロイヤルホテル京都
充電器の出力は都市型(アーバン)タイプの72kWですが充電スピードは十分早かったです。到着したときにはちょうど4台目でしたが画像の通りの出力でしたのでこれで充分ではないかと思います。これからどんどん増えてくれればいいですね。
ホテルの中でランチをいただいているあっという間に充電完了。他のスーパーチャージャーより左右の駐車スペースが少し狭いですので、乗り降りの際にお気を付けください。4台目の隣の駐車スペースには200vのEVコンセントが2機ありました。次回はこのホテルのプールに入りに来ますよ~。これからの人生の楽しみがまた増えました。 61,035km

今回私の自宅から往復250kmほどの短い旅だったのですが、行きは一般道でのーんびり景色を楽しみながら田舎道をゆ~っくりと。帰りは高速道路で素早く移動しました。気温8~12度。電費は暖房付けっぱなしで帰りは高速ぶっ飛ばしてトータルで205Whでした。電気代510円(関電深夜1kW=約10円)しかかかっていません。でも帰りはスーパーチャージャー京都にて無料で44kW、440円分を充電したのでほぼタダですね(笑)
前車Audi S8では燃費6~8km/lだったので250/7=35.7L×ハイオク160円=5,700円かかります。
私のテスラ含めEVは冬場のちょい乗りでは著しく電費は悪化し400Whとかになるときもありますが、それはガソリン車も同様。このようなおおよそ100kmを超えるような長距離ではf冬場で暖房付けっぱなしでもほぼカタログ通りの電費なのですね。しかも今回4名乗車でスタッドレスだし帰りは時間がなくぶっ飛ばしているし(笑)そういえば今回レンジモード(バッテリーエコモード)はOFF。今回レンジモードで電費を意識した走行をすれば170Whとかも可能だったでしょう。

さらに、実は最近2日ほど、トランクが閉まらないトラブルのためオートパイロットが使えなかったのですが、その2日の中で1時間ほどの渋滞含めて手動運転をしたら本当に辛かったです。渋滞では足がつりそうになりました。
今回2日ぶりに使うオートパイロットは、やはりもうなくてはならないものに。今回5時間以上運転したのですが、今回の方が圧倒的に楽でした。やはり疲労の具合は全然違います。オートパイロットなしでは今回行こうとさえ思いませんでしたし(笑)
これは恐ろしいというか、やはり慣れというものは凄いです。軽自動車にもこの程度のオートパイロットはすぐにでもつけられると思うので、早く国産車全車標準装備となるよう願っています。

クリスマスイースターエッグアップデート

朝っぱらからアップデート通知が来たのでベッドでアップデートスタート!
便利になりました!30分ほどで終了。おなら、暖炉楽しみだ~
待望のクリスマスイースターエッグ。初めて日本でクリスマスまでに間に合いました。それが嬉しいですね。2018.48.12.1 d6999f5 60,787km

2018.48.12.1 d6999f52018/12/22 7:36 AM45
2018.42.3 eb373a02018/11/06 10:35 AM61

トランクが閉まらなく(開かなく)なった!

【トラブル報告】トランクが閉まらなく(開かなく)なった!
外から見たらごく普通だけど、ディスプレイにエラー表示が出て、走行はできるがトランクが浮いているのでパカパカギシギシ音もする。AP(オートパイロット)は使用不可。
100回ほど思い切りトランク押したり、引いたり、ボタン押したり、中からワイヤー引っ張ったり、ドライバー突っ込んだり色々したけど、もう無理😂
ハードリセットするも変わりなし(シフトPの状態で、ブレーキを踏みながらステアリング左右のロータリースイッチとその上のスイッチ合計4つのスイッチを30秒押す)
サービスにTELするもトランクアクチュエータ交換で1〜2日預かりになるようで代車もなしとか。この時期にこれはキツい‼️
AP使えないのが一番辛いかも。

空気圧エラーは厳しくなりましたね。冷間2.8ないとエラー。19インチに設定されたからというのもあるかもしれない。納車3年2か月、走行距離60,735㎞

乗車しようとしてドア開けたら「カチャ」といって、無事に治りました‼️

と思ったら、充電中にうかつにトランクを開けてしまったら、、また壊れました😭 神戸SCにて。

実際は閉まって走行しています(笑)😅😅 今回は走行中ギシギシ音はなし。キーフォブでもモニターでもアプリでも開けようとしてもピーピーピーとなって開かないのは同じ。
がんば=テスラ~

今朝はドア開けても治らず。走るといつもよりパカパカカ、チャカチャいうので、止まって確認したら、なんとトランクが開いていて手で開けられる!そのまま勢い良く閉めたら「閉まりました!」
毎日なんらかのチャンスが訪れる、変な故障(笑)
予定では今日午前中に引き取り予定で1~2日で治る予定ですが、昨日連絡がなかったので不安です。しっかり治してもらい気持ちよく乗りたいもんです。

修理の約束の日から4日目、最初の電話から7日目でようやく先ほどtelあり。代車がないらしく28日の出張修理となりました。年末で混み合っているのは承知なので待って正解かも。とりあえず今はトランクは閉まっているしトランクを開けなければ良いだけで私の故障など優先順位が低いので後回しでOKなのですが、ひとまず連絡が来てよかったです。またご報告いたします。
テスラジャパンは、台数が増え修理も増えて人手が足らないのでしょう。加えて従来の箕面の大阪のサービスが契約満了でヤナセ茨木に変わったこともあるのかなと思います。本当にテスラは応援しているし頑張ってほしいので、日本にモデル3が来るまでにこれは何とかしなくてはいけませんね。

テスラモバイルサービスカーが来て、修理完了!!

EV専門誌発刊!

今Amazonで最も売れている車・バイク関係の本、おそらく初めてのEV専門誌である、E MAGAZINE VOL.1 (NEKO MOOK)!20日発売、私も注文済みですが皆さんもぜひ!
個人的に応援している、テスラオーナーYoutubeの「テスラモーターズファン」さんも執筆されているとか。素晴らしいです!
私も以前ポルシェ関係の雑誌の依頼はありましたが、今となればEV関連の取材や執筆なら大歓迎なのですが(笑)

しかし、発売前にベストセラーとは、車好きのみなさんがEVに関心がある証拠ですね。日本の未来も明るいかな。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4777023281

  • 表紙は私の大好きなホワイトのNewロードスター
  • ニュル最速タイムを叩き出した、私も応援している中国企業のNIO(ニーオ)の紹介。
  • ポルシェ911のコンバージョンEV!これ生涯で絶対やりたい。
  • もちろんNewロードスターの紹介。この絵は夢に出てきそう。

京都に都市型スーパーチャージャーオープン!国内20か所目

念願の国内20か所目のスーパーチャージャーが、京都市下京区に12/19(水)にオープンします!画像の通りの北米以外で世界初の都市型スーパーチャージャーとのこと。前日にリーガルロイヤルホテル京都で試乗会も行われるようです。

都市型スーパーチャージャーとは?
より小型で出力は72kWと、通常のスーパーチャージャーの半分ほどですが全体の容量は同一です。となりの充電器に影響されることなく72kW出力するようで、人口過密地域に設置されるようです。課金システムは通常のSCと同一とのこと。当然無料の方は無料。

https://www.tesla.com/jp/blog/jp_kyotosupercharger

12月19日(水)、日本で20カ所目のスーパーチャージャーステーションを京都府京都市にオープンします。京都スーパーチャージャーステーションは北米以外では世界初の都市型スーパーチャージャー。阪神高速8号京都線 鴨川西出口より6分の距離にあり、京都を拠点にした観光や旅行、お買い物の際にもご利用いただけます。また、京都市内だけではなく、関西各地へのアクセスの際の充電を飛躍的に便利にする絶好の場所に位置しています。テスラでは今後とも、テスラオーナーの快適な充電環境のため日本全国に充電網を拡張していきます。

テスラ 京都 スーパーチャージャーステーション
所在地 : リーガルロイヤルホテル京都
京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1番地 
オープン日時:2018年12月19日(水)正午(12月18日以前は充電できません)
利用可能時間:24時間 年中無休(法令点検日を除く)
充電器:テスラスーパーチャージャー4基

スタッドレスに

今シーズンもスタッドレスに。雪道じゃんじゃん走りますよ。久しぶりの19インチブリヂストン(3,535km走行済)はめちゃめちゃ静かに感じます。アラクニッド21インチ&コンチSC5は4月から8か月で9600kmご苦労さん。SC5の山は5部山以上残っていますので2万キロは持ちそうですね。

さっそく今朝は関西でも気温2.5度。乗る5分前のスマホでのエアコンONで、シートヒーターとハンドルヒーターも入り、フロントとリアガラスの霜取りも自動作動。恐らく寒冷地北欧ユーザーの要望を取り入れ、外気温5度以下の事前エアコンで前後の霜取りとシート&ハンドルヒーティングを行うようになったのだと思います。バージョンアップでとっても賢くなっているので驚き‼️ 乗るときには排ガスゼロで静かにぬくぬく。あ〜、これ本当に幸せ感じます。

これからこんな事が当たり前になってきますね。日本でもモデル3がプリウスのようにたくさん走る姿を見るのは3年後ぐらいでしょうか。

60,500km

ポルシェ911の電動化について

ポルシェ社CEOのOlliver Blume氏が、911の電動化について言及しました。先日発表のあった911(Type992)はすぐにでもハイブリッドシステムを導入できるように設計されているそうです。近い将来確実に911は電動化するようです。
2020年までの市販が迫ったポルシェ初のEVであるタイカンはEV先進国ノルウェーですでに約3000台の予約があることから年間2万台を超える生産となるようです。
確実にEV化に舵を切っているドイツ勢。しかしいまだに試作車テストの段階。
そして試作車すらない日本はまだまだ遅れそうです。
またもや自動車版の失われた10年?20年?とか言われてしまいそうです。
いちはやく開発を進め日本にしか作れない魅力的なEVを世界へ発信してほしいですね。EV否定や走行税などで時間稼ぎばかりしている場合ではありません。

ポルシェ信者、エンジン信者の皆様、ポルシェ、エンジン、リッターバイク、スピードが死ぬほど好きな私がテスラに心を奪われてしまったのは、もうガソリン車は全てにおいてEVにかなわない、エンジンにこれ以上の未来がないと確実に感じてしまったからです。テスラを一度でいいですから思い切り試乗したらわかります。

特にポルシェ好きな方!一般道ではわかりません。どうかモデルSでもモデルXどちらでも、P100Dというパフォーマンスモデルを高速道路で躊躇せず遠慮なくアクセルを床まで踏み込んでみてください。コーナーも一度限界に近い走行をしてみてください。あなたのポルシェ以上に刺激的な加速をするし、5~7人乗りの乗り心地の良い実用車でありながらあなたのポルシェのようにコーナーを見事にクリアしていくはずです。そうしたら、ようやく時代の変化を感じられると思いますよ。

テスラ ルーディクラス キャンペーン
https://www.tesla.com/jp/campaign/ludicrous

 

しかしモデルSとXは10年近く前2009年のプロトタイプから2012年に市販化され、6年余りに渡り年々熟成されてきたEVです。以後EVの心臓部であるバッテリーの進化が著しい中、今後もっともっと凄いEVが出てきます。