ドイツライバル車との加速とブレーキング対決

よくあるモデルS P100Dのドラッグレースですが、ドイツパフォーマンスセダンとのブレーキング対決も。さて結果はいかに。

ブレーキングテストの場面をよく見ると、テスラのドライバーは不慣れで回生ブレーキ減速分を加味していないので(テスラはパーシャル状態(惰性)がないので)、コーン手前から減速してしまっていますが、モデルSのあのチープとも見える小さなbremboブレーキが、パナメーラターボSの巨大なカーボンブレーキと対等以上に止まれているのは凄いことですよね。
以前のSと比べて良く止まるようになっているので、モデル3同様に、モデルSもブレーキング制御関係のアップデートが繰り返されたのだと思います。さすがにソフトウェアで進化していくテスラです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中