テスラ事故車再生

以前からこの方の動画はチェックしていましたが、こういうの好きだなあ。うちのもニコイチしてパワーアップしたい!保証が切れたらひとまず90か100バッテリーとパフォーマンスモーター付けるのが夢です。そしてAP2かAP3にできたらいいな(笑) 私のこのブログももしかしたらテスラ改造ブログになるかも。。

ネタ元
https://gigazine.net/news/20190308-amateur-mechanic-rebuild-tesla/

「テスラの車に憧れたものの新車は買えない……」という男性が手に入れることができたのは、洪水の影響で浸水してしまいスクラップと化したモデルS。テスラの店に持っていっても修理を断られそうな状態だったこの車のレストアに男性は独学・独力で挑み、見事に走れる状態に戻すことに成功しました。

The backyard mechanic who is taking on Tesla – The Boston Globe
https://www.bostonglobe.com/metro/2019/03/04/the-backyard-mechanic-who-taking-tesla/Sv1l8q2sxpQvTFMp13VFwM/story.html

車好きのリッチ・ブノワさんとモデルSとの出会いは、友人に誘われたドライブでのことでした。駆動音の静かさやローラーコースターに乗っているかのような加速力に、ブノワさんは「まるで現代までの技術が結晶化した存在のようだ」という印象を受け、モデルSの魅力に取りつかれました。


モデルSの事故車を160万円で購入!

しかし、モデルSの新車価格は最低でも7万6000ドル(約850万円)、オプション次第では13万3000ドル(約1480万円)にもなります。そんなとき、ブノワさんはニュージャージー州を襲った洪水に飲まれスクラップ扱いで売られていたモデルSを見つけ、1万4000ドル(約160万円)で購入。「ドロレス」という愛称をつけ、今までアマチュアメカニックが誰一人として成し遂げたことがない「テスラ車の自力修理」に取り組み始めました。

ブノワさんが修理を進めていく様子はYouTubeチャンネル「Rich Rebuilds」で公開されています。

以下はその作業の序盤にブノワさんがバッテリーを引き抜いているところ。バッテリーは完全に腐食してしまっています。

PCをはじめとして、多くの電化製品はネットで検索すれば修理方法を見つけることができますが、ブノワさんが「テスラの修理方法」を調べても、誰一人として挑んだことがなかったため情報がなかったとのこと。


ブノワさんは「ドロレス」を生まれ変わらせるべく、インテリアのほとんどを取り外し、必要なものは交換することにしました。以下のムービーはすでにシートなどを取り外したあと、電気配線用ハーネスを取り外す作業を示しています。

ところが、必要な部品を注文したブノワさんに、テスラは販売を拒否しました。The Boston Globesによれば、テスラは「自主修理されたテスラ車を運転すると、運転者だけに留まらず他のドライバーに対しても安全性への重大な懸念がある」と主張したとのこと。


ブノワさんはテスラの懸念は認めつつも、専属修理工場と専属ディーラーだけが知りうる診断ツールや修理情報を車の所有者もアクセスできるよう許可することを義務づける「修理する権利」について、テスラがマサチューセッツ州で2012年に批准したにも関わらず無視していると反論しています。パーツを売ってもらえなかったブノワさんは、事故で全損したものの電気系統は生きていた別のモデルSを購入し、そのパーツを使って「ドロレス」を修理し始めました。

事故車をもう一台買ってニコイチに!!

1年にも及ぶ修理の後、「ドロレス」はほぼ完璧な状態まで復元され、ブノワさんが投稿した61本目のムービーで「ドロレス」は車検に合格。ナンバープレートをつけ、公道に出られるようになりました。

1年後についにナンバー取得

トータルで72万円かかった!
世界で最も安いテスラ

車検の6日後、ブノワさんは寄せられた質問に対する返答するムービーを公開。ムービーによると、余ったパーツを売り払った結果、トータルでかかった費用は6500ドル(約72万円)になったとのこと。それまでブノワさんのムービーは数百回ほどしか再生されませんでしたが、ムービーに「Worlds Cheapest Tesla(世界で最も安いテスラ車)」とタイトルをつけたところ、またたく間に100万再生を記録しました。

電気自動車修理専門店を開業

ブノワさんのYouTubeチャンネル「Rich Rebuilds」は今や42万人を超える登録者数を誇ります。その後、ブノワさんは「ドロレス」での経験を活かし、テスラで働いていた整備士とともに、アメリカ東海岸初となる電気自動車修理専門店を開店することになりました。


テスラにパーツの販売を拒絶されてすら、「テスラのことは嫌いではなく、むしろ恋してるんだ」と受け入れるブノワさん。


「私は昔からずっと車が大好きだ。シボレーコルベットも、トラックも、レースカーも持っているよ。しかし『ドロレス』を乗り回すようになってから、『車とはこうあるべきだ』という想いがあるんだ。もはやテスラ車を乗り回してるということは奇妙だと思わないね。むしろガソリン車に乗ったときに、奇妙な感覚を覚えるようになったよ」とブノワさんは語っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中