代車はP90D

フロントガラス交換、ライトとバンパー調整の修理で入庫。今年から残念ながら保証範囲内の修理でも引き取りに来てくれなくなってしまったので、家から70km 高速で1時間、一般道2時間のメルセデスベンツ茨木内にある大阪サービスセンターまで持ち込み、代車と交換で入庫。
今回の代車はモデルSのP90D。実は2年前の1年点検の代車と同じ車。これはちょっときついタバコと香水の匂いがするのですぐわかった(笑)
0-100km/h=2.8秒はやはり速いですね。私は同タイムを記録するバイクBMW K1300Sを所有していたことがあるのですが、テスラの出だしのGのかかり方は脅威。スポーツモードでも充分な加速をします。ルーディクラスモード+バッテリー出力最大化し、バッテリーとタイヤが暖まったらこれぞ無敵。2,230kgの車重がまるでロータスエリーゼみたいに軽く感じるほどの加速感と俊敏さ。私みたいなサルが乗ったら事故しそうです(笑)タイヤはミシュランPSSでしたが山がないのでイマイチ。それでも温まればしっかりパワーを受け止めますし乗り心地もまあまあ良い。ほんと良い車です。
ルーディクラスモードからバッテリー出力最大化すると、バッテリーヒーターが入るのですが、通常の「ウィ~ン」というヒーター音に加えて、しばらくするとファンが回るような音が「ブォー」として、最大限にバッテリー出力ができるように急速に温度調整します。 この時は気温10度ほどだったのですが、 25分ほどで最大化完了。低温時は同時にタイヤも温めることをお薦めします。最大化時に至るまでの電費はかなり悪くなりますが、これでものすごく速くなります。さらにローンチモード( シフトDで左足でブレーキを深く踏み込んだ状態で、右足で一度アクセルを奥まで踏み込んで離し、8秒以内に再度アクセルをいっぱいまで踏み込んだまま、4秒以内に左足ブレーキを離して発進 )を使うと最大に2秒台の加速を体感できます。P90Dが出た当時、浜松スーパーチャージャーオープンのイベントでこのローンチモードを一度やりましたが、気絶しそうになりました(笑)。それ以来恐くてP100Dのローンチモードは未体験なので す。これはパフォーマンスモデルしか体験できないですね。

ルーディクラス +モードは、実際のオーナーである高原さんブログEVスマートさんのブログが詳しいです。

広告