TM-spyデータ

TM-spyのデータを公開します。
OBD2を使用してバッテリー温度とセルバランスを測定するアプリです。
このアプリでも私の車のバッテリー容量は58kWhとなっております。バッテリーセルが通常4.2Vで充電満タンになるはずが、同時期製造のバッテリー搭載車で火災があったせいで安全のため4.0Vほどに制限がかかっているようです。悲しいけど 今は家族の安全のため仕方がありません。テスラにはソフトウェアの改善と可能ならバッテリー交換を要請中です。
EVにとってバッテリー温度は重要です。自分の車のバッテリーの健康状態を知ることが必要ということで今後見ていくことにしました。
走行中、SC充電中、猛暑での炎天下駐車中、夜間など数日間監視しておりますが、今のところ最もバッテリー温度が高くなるのはスーパーチャージャー充電中でした。43~44度ぐらい。恐らく過激な走行を継続すると温度が高くなるのだと思いますが、これはいずれ報告します。
ちょうど今は猛暑ですので、駐車時のバッテリー温度が気になるところですが、気温33度ぐらいの炎天下での駐車時では33~35度ほどでした。夜は30度ほど。外気温とほぼ同じぐらいで安定する印象です。
セルバランスは5mVから最大でも9mVほどですので、悪くはないかと思います。最近では70~80%の自宅充電なので、90%バランス充電を続けると少しは航続距離も伸びる可能性もあるかも知れません。後日やってみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください