最新モデルS、ゼロヨン10.546秒

最新モデルSパフォーマンス(通称RAVEN)が、テスラの記録を塗り替えたようです。 0-400m=10.546秒 。ちなみにすべてがノーマルの状態です。
タイヤ、ホイールなどの変更により、今後更にタイムアップするのでしょう。

この方、以前P100Dでシートや内装取り外すなどの軽量化で10.4秒出していました。Ravenはこれらの軽量化で9秒台に到達してしまうかも知れません。
このRavenになってからスタート時にノーズリフトしていないことに気付きました。電子制御サスの良いところもタイムアップにつながっているかも知れません。ちなみにRavenモデルは次回のソフトウェアアップデートで、160km/hからの高速域のスタビリティが向上するようになるようです。これも驚きです。

ちなみにうちのモデルSは公式タイム13.5秒です。これでも十分速いのですよ。
10秒台なんて狂気です(笑)

なお、現在もモデルSの電池は一般的な18650電池です。我らがパナソニックの日本製でしかも近所の大阪で作っている(笑)、テスラが10年以上前に設計した電池ですね。古くは2006年のテスラロードスターまでさかのぼり、モデルS用は2009年にプロトタイプに搭載され現在まで続いています。
改良を重ねているとはいえこれは凄いことです。もっと早くにモデル3用の新電池2170に切り替わると思っていたのですが、しばらくその予定も無いことをイーロンはツイートしていましたね。
これからのテスラの電池の進化や加速の進化も楽しみです。Newロードスター、NewモデルSやXがどうなっていくのかも今後見届けたいですね。

広告