テスラは中国で価格約$25,000(約270万円)のモデル2(仮称)の生産を予定しています。イーロンマスクは、中国用の低価格車を作るために中国にデザイン及び研究開発センターを作ると約束しました。

彼はこのプロジェクトを「サイバートラックのように本当に過激なもの」と説明。この発表の数日後、コンセプト電気小型車の新しい公式レンダリングがインターネット上に現れました。

この小さなハッチバックの電気自動車は、最終的に25,000ドルというテスラモデル3よりも手頃な価格になります。テスラモデル2は、最終的にガソリン車と電気自動車の価格を同等にする車両になります。

中国のR&Dデザインセンターが発表されて間もなく、上海工場で新しい求人情報がWeb掲載されたことを発表しました。しかしイーロン自身は中国に大きな可能性を見出し始めるのを待つことができないようです。

テスラオーナーズクラブのMy Tesla Adventureの元ソフトウェアエンジニア兼社長であるEli Burtonの推測によると、Tesla Model 2は、約39,000ドルで販売されている既に手頃な価格のTesla Model 3よりも10,000ドル安くなります。

おそらく、FSDが標準として付属し、最高仕様のバリエーションでは400〜500マイル(640~800km)の範囲になります。しかし今日の多くの電気自動車よりもバッテリーパックが比較的小さい設計となります。

私たちは、バッテリー技術が毎年良くなることをすでに見てきました。2012テスラモデルSは85 kWhのバッテリーパックで約265マイル(427km)のトップレンジを作りましたが、2019テスラモデル3ロングレンジはより小さな72.5 kWhのパックで最大322マイル(518km)まで走行できます。そのためより小型のModel 2でも同じことが期待されています。

Munroe associates社のSandy Munroe氏 によると、テスラのバッテリーセルはすでに世界最高のバッテリーの1つです。また、最近のバッテリーテクノロジーの先駆者であるMaxwell Technologiesの買収により、Teslaは更に成功を収める可能性があります。

Tesla Model 2は中国独自のテスラですか?

Elonによると、モデル2は世界中のカスタマー向けに中国で生産される可能性が高いとのことです。ただし中国で販売を開始した後に他の国々にデリバリーされる予定です。いくつかのメーカーがそれを行っているのを見てきました。たとえば日産の電気ピックアップトラックは、現在中国で販売されており今年後半に米国沿岸に届く予定です。

Eli Burton によると、テスラは大陸で販売されるすべての車はその大陸で製造されるべきであると考えています。たとえばテスラは中国のみで上海のギガファクトリーで製造された中国製モデル3およびモデルYを販売します。
そのため、世界の他の地域でモデル2を作成する可能性が生じた場合、テスラは生産工場を上海ギガファクトリーから世界中の他の工場に移します。

また、少なくとも最初はモデル2を中国独自のテスラにしたのは市場規模です。中国はEVメーカーにとって最大の市場です。2019年のMcKinsey China Auto Consumer Insightsによると、TeslaやPlig-in Hybridsなどのバッテリー電気自動車(BEV)で構成される新エネルギー車(NEV)市場の販売は71%増加しました。

このうち、75%がBEVであり、2024年までに350万台成長する可能性があります。さらに、サブコンパクト車市場はSUVに次ぐ最大の市場の 1つであり、世界の自動車販売の29%を占めています。Teslaがこの市場の1%を獲得できた場合、25,000ドルのモデル2を活用して75億ドルを稼ぐことができます。
他方、同じ市場の5%を獲得できれば、Elon Muskはなんと375億ドルを売り上げることができます。

中国のEV税額控除は依然として積極的であり、テスラはすでにアメリカで7,500ドルの連邦税額控除を使い果たしました。したがって、Elonはできるだけ多くの車両でこの機会を利用したいと考えています。

中国政府は最近、400 kmまたは250マイル未満の範囲の車両のEV補助金を半分に減らしましたが、テスラはほとんどの車が250マイル以上のバッテリー範囲を持っているので心配する必要はありません。
ブルームバーグによると、中国は2020年に電気自動車に対する政府補助金を完全に段階的に廃止する計画であり、EVメーカーがイノベーションにより重点を置くようにしています。