米国ではついにモデルYが納車されました。動画必見です。パワートランク、リアシート可倒ボタン,ワイヤレススマホチャージャー、USB-Cポート、ヒートポンプ式ヒーターなど、アップデート多数。

今回は納車式等のイベントがない代わりに、こちらの動画にて。

テスラ公式使用説明書PDFファイル

今回テスラとしては初採用の高効率なヒートポンプ式ヒーターに関してTMFさんの動画にて。

Andy Slyeの動画より
他のテスラにはない秘密のモデルY機能!

これまでのテスラ車の最大の問題の1つを、テスラがモデルYのこの新機能で修正されたかもしれません。テスラを運転する際、目的地に到着する前にバッテリーが不足することを心配していることを意味する「航続距離の不安」のための恐怖があります。

寒い冬の条件では、電気自動車は推定範囲の最大40%以上を失う可能性があります。

電気自動車は、寒冷地では航続距離が失われます。空気が冷えているため、空気抵抗が大きくなり、バッテリーを加熱することによるエネルギー損失と、車内を暖めるために使用されるエネルギーです。テスラのすべての車両(モデルY以前)は、抵抗加熱システムを介してキャビンを暖めます。抵抗加熱システムでは、抵抗加熱素子を介して電気が送られ、通気口から熱が発生します。。

これは、EVがキャビンを暖めるために、バッテリーからのエネルギーを使用する必要があることを意味します。電気抵抗加熱は、入ってくるすべての電気エネルギーが熱に変換されるという意味で、100%エネルギー効率が良いと考えられています。

まあ、それは100%の効率よりも良くなりませんよね?実際、もっと良いものがあります。ヒートポンプと呼ばれ、モデルYがテスラで初採用です。マニュアルでは、「モデルYは効率を最大化するためにヒートポンプを使用しています。そのため、外気温度が低く、車両が加熱または過充電している場合でも、エアコンのコンプレッサーと外部ファンが作動して騒音を発する可能性があります」

ヒートポンプは、逆に機能する空調機(クーラー)と考えることができます。エアコンは、冷媒を使用してエリア内の熱を閉じ込めてから、外に移動します。ヒートポンプはまったく同じように機能しますが、冷媒の流れを反転させ、冷えたときにエリアを加熱できるようにする反転バルブのみがあります。

ヒートポンプは、熱を発生させるのではなく移動させるため、効率を高めます。電気はコンプレッサーによって使用され、システムの周囲に冷媒を送り、外部から熱を取り込み、内部に取り込みます。これは、冷媒の沸点が非常に低いためです。そして、最良の部分は、ヒートポンプが通常1kWの電気エネルギーごとに約3kWの熱エネルギーを生成でき、300%の「効率」が得られることです。

この「300%の効率」は素晴らしいですね。まあ、ヒートポンプは通常、特定の温度範囲より下では効果的ではなく、通常、極端に低い温度ではうまく機能しません。ただし、ヒートポンプ技術は最近改善されており、場合によっては-4°Fの低い屋外温度に対応することができます。

モデルYのヒートポンプが重要な理由 ヒートポンプは、他のすべてのTeslaモデルと比較して、低温で走行する場合、より少ないエネルギーを使用しながらキャビンを加熱できる必要があります。これは大きな利点です!

TeslaがモデルYの前にこれを実装しなかったのはなぜですか?おそらく、ヒートポンプがコスト、複雑さ、重量を追加するためでした。しかし、すでにエアコンを搭載しているテスラの場合、追加される複雑さは非常に少ないため、ヒートポンプは簡単です。

最大の問題は次のとおりです。モデルYヒートポンプの熱はどこから来て、モデルYは常にヒートポンプを使用しますか、それともヒートポンプと抵抗加熱を交互に使用しますか。モデルYのマニュアルからは、モーターとバッテリーから過剰な熱を奪っている可能性があるように思われます。これにより、非常に寒い気温でも効率がよくなります。Teslasには既にモーターを使用してバッテリーを加熱する機能があり、ヒートポンプが十分に強力な場合、バッテリーとキャビンの両方を加熱する可能性があります。

いずれにしても、モデルYが冬の運転をどのように処理するかを見るのが待ちきれません。そのタスクに最適なテスラになるようです。

ヒートポンプは、エアコンの他、最近の洗濯乾燥機や、オール電化の給湯器エコキュートなどにも使用されていますね。

日本での予約、納車はもう少し先になりそうですが、楽しみですね!!