モデル3にヒッチメンバー装着

すごくわかりやすい動画!いやあ動画の時代ですねー。自分で付けたくなってきます(笑)
電触を防ぐためのプラスチックワッシャーをしっかり入れています。

広告

モデルS P100D レーシングマシン

うーん!これはかっこいい!EVの魅力は、実はその走りなのかも知れませんよ。少なくとも私はそうです。テスラをただのエコカーと一緒にしないでもらいたい。

500kgもの軽量化を果たしたテスラGT。

https://www.teslarati.com/tesla-model-s-p100dl-electric-gt…/

テスラアクセサリーも日々進化

モデル3用ホイールロック他。日々進化しどんどん良くなっていきます。素晴らしい!
ホイールロックナットはモデル3用とありますが、S、Xの貫通ナットと合致。上からカバーも装着可できなんと僅か40gの優れもの。合理的な改良が続きます。
モバイルコネクターも進化。まず安くて使いやすく改良。旧型40Aまで→新型32Aと少し容量ダウンですが許せます。
帽子は赤がとっても良い色です。少し深い大人っぽい赤で、イタリアンレッドに近いです。
私は趣味も仕事もマテリアリズム系なので(笑)、テスラの物が自然に集まってきます(笑)試したくなるのですね。ワクワク

 

ホイールナット軽量化

鍛造の軽量ホイールになったので、ホイールナットも軽量な純正の新しいタイプに交換しました。これは2017年モデルあたりからの採用でしょうか。旧タイプ1個89gに対し44gと半分の重さ。1輪で204g、1台分で816gのバネ下軽量化。数千円で出来る格安カスタムなのです(笑)
純正鍛造ホイールで13.2kgの軽量化でしたが、今回で14kgも軽量になったことになります。

実はこれスタッドレス用にスリップストリームホイール履かせたときに欲しかったので、ブラックのキャップも注文しましたが、これは旧型ナット用の浅いタイプだった(笑)
ちなみにポルシェ純正ホイールナットはアルミ鍛造だったりしますが最近のはどうなんでしょ?
更に、その辺に転がっていたレクサスLS用のホイールナットは1個136gでした(T_T)
えーっと、20個なので2720g!テスラは880g。

締め付けトルクは175Nmです。キャップ取り外し用リムーバーの注文もお忘れなく。

アラクニッドホイール

21インチ アラクニッド ホイールが大阪サービスに来たらしいので、明日ビーライトさんに取付に行ってきます。コンチタイヤ付きらしいです!
ミシュランなわけないよなぁ~(笑)ぜんぜんOK!!
ホイールもタイヤも5set目なので(替えすぎ…)、また色々ご報告致します。

blkp90dwheel-arachnid

 

今はいている純正21インチホイールよりも、4本でなんと13.2kgも軽量化できます。詳細データはこちら。

Tesla Model3 サーキット走行

ラグナセカサーキット。無音なので笑えます。。

結構速い!出力規制がかかっている割にいいタイムなのでは?

熱の問題がある程度改善されているのかも。モデルsよりも良いタイム出てるかもしれないですね。

 

 

スタッドレスタイヤへ。

今シーズンからブリヂストン。とっても静かです。44,298km (ー32,837=Mc5走行距離11,461km)

 

テスラ Newロードスター発表!

TESLA Newロードスター発表!!
https://www.tesla.com/roadster/

TESLA Newロードスター
0-60 mph1.9秒、0-400m 8.8秒、最高速400km/h以上。
バッテリー容量200kWh、航続距離998km。 リア2モーター+フロント1モーターの合計3モーター。2020年発売予定。右ハンドルは2021年か?

あっけなく世界最高の市販車となりそうです。
しかもこれは4人乗りベースモデルなので、更に速いパフォーマンスモデルが出るとは。。予想:サーキットトラックエディションか?

0-60mile=1.9秒の世界。世界最速の市販車になります。

予約方法は、こちらのサイトより。https://www.tesla.com/roadster/
●ファウンダーシリーズ:車両価格$250,000(¥ 28,409,000
ファウンダーシリーズの予約金$50,000(57万円)をカード決済、10日以内に残金$245,000(¥ 27,839,000)をテスラに銀行振込。
●ロードスター:車両価格$200,000(¥ 22,700,000
ファウンダーシリーズでないロードスターの予約方法は、予約金$5,000(57万円)をカード決済、10日以内に$45,000(5,114,000円)を銀行振込、残金$150,000(17,016,000円)を納車時に支払い。

 

tesla-roadster-sketchtesla-roadster-clay-model-design-5-e1512415837750tesla-roadster-design-team-franztesla-roadster-design-studio-semi-truck

タイヤ摩耗具合。約1万キロ

4/1に交換した21インチタイヤ約1万キロでの摩耗の状態です。42,269km-32,837km=9432km
タイヤ:コンチネンタル Conti Max Contact MC5 245/35-21

私のテスラ70DデュアルモーターAWD車は、常時レンジモード(エコモード)がONだったので、フロントタイヤの方がリアよりも摩耗しました。 なぜかというと、レンジモードでは主にフロントモーターを使用して走行するからですね。そしてなぜか左が若干摩耗が多いようですね。リア駆動車では当然リアの方が摩耗すると思います。 しかし全体に摩耗は少なく3万キロは持ちそうな感じです。さすがエコタイヤ。
いつも12月にスタッドレスに変えるので、来年3月にはタイヤローテーションで対角線上で入れ替えたいところですが、私の21インチホイールはフロントホイール8.5J、リア9Jなので左右交換のみです。
左前・右前
左後・右後