電気自動車のしくみ

エンジン車に乗られる車好きがEVに興味を持ち始めましたことをヒシヒシと感じます。私がかなり前に作ったテスラについて 誰でも質問や書き込みできるテスラのページが盛り上がってきました。https://www.facebook.com/groups/796732587165659/
EVを理解したい方のために、電気自動車の仕組みとは?の動画が非常にわかりやすいのでシェアします。テスラの効率のよさの秘密もわかります。ただし2017年の動画なので、ここから2年近く進化した最近のモデルはさらに高効率化しています。
お詳しい方へ。私は素人で感覚的なものだけなので、、勘違いや間違いあればご指摘ください。<m(__)m>

広告

テスラ事故車再生

以前からこの方の動画はチェックしていましたが、こういうの好きだなあ。うちのもニコイチしてパワーアップしたい!保証が切れたらひとまず90か100バッテリーとパフォーマンスモーター付けるのが夢です。そしてAP2かAP3にできたらいいな(笑) 私のこのブログももしかしたらテスラ改造ブログになるかも。。

ネタ元
https://gigazine.net/news/20190308-amateur-mechanic-rebuild-tesla/

「テスラの車に憧れたものの新車は買えない……」という男性が手に入れることができたのは、洪水の影響で浸水してしまいスクラップと化したモデルS。テスラの店に持っていっても修理を断られそうな状態だったこの車のレストアに男性は独学・独力で挑み、見事に走れる状態に戻すことに成功しました。

The backyard mechanic who is taking on Tesla – The Boston Globe
https://www.bostonglobe.com/metro/2019/03/04/the-backyard-mechanic-who-taking-tesla/Sv1l8q2sxpQvTFMp13VFwM/story.html

車好きのリッチ・ブノワさんとモデルSとの出会いは、友人に誘われたドライブでのことでした。駆動音の静かさやローラーコースターに乗っているかのような加速力に、ブノワさんは「まるで現代までの技術が結晶化した存在のようだ」という印象を受け、モデルSの魅力に取りつかれました。


モデルSの事故車を160万円で購入!

しかし、モデルSの新車価格は最低でも7万6000ドル(約850万円)、オプション次第では13万3000ドル(約1480万円)にもなります。そんなとき、ブノワさんはニュージャージー州を襲った洪水に飲まれスクラップ扱いで売られていたモデルSを見つけ、1万4000ドル(約160万円)で購入。「ドロレス」という愛称をつけ、今までアマチュアメカニックが誰一人として成し遂げたことがない「テスラ車の自力修理」に取り組み始めました。

ブノワさんが修理を進めていく様子はYouTubeチャンネル「Rich Rebuilds」で公開されています。

以下はその作業の序盤にブノワさんがバッテリーを引き抜いているところ。バッテリーは完全に腐食してしまっています。

PCをはじめとして、多くの電化製品はネットで検索すれば修理方法を見つけることができますが、ブノワさんが「テスラの修理方法」を調べても、誰一人として挑んだことがなかったため情報がなかったとのこと。


ブノワさんは「ドロレス」を生まれ変わらせるべく、インテリアのほとんどを取り外し、必要なものは交換することにしました。以下のムービーはすでにシートなどを取り外したあと、電気配線用ハーネスを取り外す作業を示しています。

ところが、必要な部品を注文したブノワさんに、テスラは販売を拒否しました。The Boston Globesによれば、テスラは「自主修理されたテスラ車を運転すると、運転者だけに留まらず他のドライバーに対しても安全性への重大な懸念がある」と主張したとのこと。


ブノワさんはテスラの懸念は認めつつも、専属修理工場と専属ディーラーだけが知りうる診断ツールや修理情報を車の所有者もアクセスできるよう許可することを義務づける「修理する権利」について、テスラがマサチューセッツ州で2012年に批准したにも関わらず無視していると反論しています。パーツを売ってもらえなかったブノワさんは、事故で全損したものの電気系統は生きていた別のモデルSを購入し、そのパーツを使って「ドロレス」を修理し始めました。

事故車をもう一台買ってニコイチに!!

1年にも及ぶ修理の後、「ドロレス」はほぼ完璧な状態まで復元され、ブノワさんが投稿した61本目のムービーで「ドロレス」は車検に合格。ナンバープレートをつけ、公道に出られるようになりました。

1年後についにナンバー取得

トータルで72万円かかった!
世界で最も安いテスラ

車検の6日後、ブノワさんは寄せられた質問に対する返答するムービーを公開。ムービーによると、余ったパーツを売り払った結果、トータルでかかった費用は6500ドル(約72万円)になったとのこと。それまでブノワさんのムービーは数百回ほどしか再生されませんでしたが、ムービーに「Worlds Cheapest Tesla(世界で最も安いテスラ車)」とタイトルをつけたところ、またたく間に100万再生を記録しました。

電気自動車修理専門店を開業

ブノワさんのYouTubeチャンネル「Rich Rebuilds」は今や42万人を超える登録者数を誇ります。その後、ブノワさんは「ドロレス」での経験を活かし、テスラで働いていた整備士とともに、アメリカ東海岸初となる電気自動車修理専門店を開店することになりました。


テスラにパーツの販売を拒絶されてすら、「テスラのことは嫌いではなく、むしろ恋してるんだ」と受け入れるブノワさん。


「私は昔からずっと車が大好きだ。シボレーコルベットも、トラックも、レースカーも持っているよ。しかし『ドロレス』を乗り回すようになってから、『車とはこうあるべきだ』という想いがあるんだ。もはやテスラ車を乗り回してるということは奇妙だと思わないね。むしろガソリン車に乗ったときに、奇妙な感覚を覚えるようになったよ」とブノワさんは語っています。

Lexus LC500

神戸SCの駐車場に止まっていたLC500、凄く好きな車の1台です。
1年半前に一度試乗したけど、デザイン、インテリアが特に良かった。なんだかこう、とってもワクワクさせてくれます。リアスタイルがポルシェみたいにきれいだったら最高のクルマかなあ。試乗したときに感じたのは、テスラと比較して非常にレスポンスが悪く遅い車だったことだけが悔やまれました。
この車がLSではなくテスラのプラットフォームを使っていたら、どんな素晴らしい車、そしてテスラ、トヨタ、パナソニックの最強のコラボになったか、ついつい夢を見てしまうのです。このLCにエンジンというものが似合わないと思うのは私だけ?
もしそんな車ができたなら、私が19才の頃ソアラに憧れて東京トヨペットで一生懸命貯めた頭金でローンを組んで20才の誕生日に私にとって初めての車を納車してもらった当時の感動を思い起こさせます。起業で成功した日本の若者も飛びつくのではないかな?

3年半前のテスラモデルSは、私にとってそんな感動を思い起こさせる1台でした。テスラはデザインや先進性だけではなく、そのパッケージングも素晴らしく、このデザインで大人5人乗ることができ更に+2の子供用シートも追加可能、そんなフル乗車状態でもフロントに結構な荷物が積めるという、EVにしかできない信じられない居住性、積載性に加え、世界最速の1台であり、しかもそれが究極のエコカーであり、各種補助金に加え維持費が非常に安価なことも当時革新的でした。モデルS発売の2012年から今まで6年も経った現在でもライバルと呼べる比較の対象になる車は存在しません。モデルXとモデル3も恐ろしいほど凄い車です。来年のポルシェのEVタイカンにも期待したいところです。
12182486_1625028257784884_604629743992916199_o

ホワイトが大好きな私ですが、LCに関しては、ホワイトじゃないんだよなあ~と個人的に思います(笑)この車はオプションの21インチホイールではありません。

IMG_6253

LCのオプションの21インチホイールがこれまたかっこいいんです。私のアラクニッドホイールもこんな風にポリッシュとブラックで塗り変えようかと妄想してしまいます(笑)

cropped-img_29603.jpgImage1

モデル3にヒッチメンバー装着

すごくわかりやすい動画!いやあ動画の時代ですねー。自分で付けたくなってきます(笑)
電触を防ぐためのプラスチックワッシャーをしっかり入れています。

モデルS P100D レーシングマシン

うーん!これはかっこいい!EVの魅力は、実はその走りなのかも知れませんよ。少なくとも私はそうです。テスラをただのエコカーと一緒にしないでもらいたい。

500kgもの軽量化を果たしたテスラGT。

https://www.teslarati.com/tesla-model-s-p100dl-electric-gt…/

テスラアクセサリーも日々進化

モデル3用ホイールロック他。日々進化しどんどん良くなっていきます。素晴らしい!
ホイールロックナットはモデル3用とありますが、S、Xの貫通ナットと合致。上からカバーも装着可できなんと僅か40gの優れもの。合理的な改良が続きます。
モバイルコネクターも進化。まず安くて使いやすく改良。旧型40Aまで→新型32Aと少し容量ダウンですが許せます。
帽子は赤がとっても良い色です。少し深い大人っぽい赤で、イタリアンレッドに近いです。
私は趣味も仕事もマテリアリズム系なので(笑)、テスラの物が自然に集まってきます(笑)試したくなるのですね。ワクワク

 

ホイールナット軽量化

鍛造の軽量ホイールになったので、ホイールナットも軽量な純正の新しいタイプに交換しました。これは2017年モデルあたりからの採用でしょうか。旧タイプ1個89gに対し44gと半分の重さ。1輪で204g、1台分で816gのバネ下軽量化。数千円で出来る格安カスタムなのです(笑)
純正鍛造ホイールで13.2kgの軽量化でしたが、今回で14kgも軽量になったことになります。

実はこれスタッドレス用にスリップストリームホイール履かせたときに欲しかったので、ブラックのキャップも注文しましたが、これは旧型ナット用の浅いタイプだった(笑)
ちなみにポルシェ純正ホイールナットはアルミ鍛造だったりしますが最近のはどうなんでしょ?
更に、その辺に転がっていたレクサスLS用のホイールナットは1個136gでした(T_T)
えーっと、20個なので2720g!テスラは880g。

締め付けトルクは175Nmです。キャップ取り外し用リムーバーの注文もお忘れなく。

アラクニッドホイール

21インチ アラクニッド ホイールが大阪サービスに来たらしいので、明日ビーライトさんに取付に行ってきます。コンチタイヤ付きらしいです!
ミシュランなわけないよなぁ~(笑)ぜんぜんOK!!
ホイールもタイヤも5set目なので(替えすぎ…)、また色々ご報告致します。

blkp90dwheel-arachnid

 

今はいている純正21インチホイールよりも、4本でなんと13.2kgも軽量化できます。詳細データはこちら。

Tesla Model3 サーキット走行

ラグナセカサーキット。無音なので笑えます。。

結構速い!出力規制がかかっている割にいいタイムなのでは?

熱の問題がある程度改善されているのかも。モデルsよりも良いタイム出てるかもしれないですね。

 

 

スタッドレスタイヤへ。

今シーズンからブリヂストン。とっても静かです。44,298km (ー32,837=Mc5走行距離11,461km)

 

テスラ Newロードスター発表!

TESLA Newロードスター発表!!
https://www.tesla.com/roadster/

TESLA Newロードスター
0-60 mph1.9秒、0-400m 8.8秒、最高速400km/h以上。
バッテリー容量200kWh、航続距離998km。 リア2モーター+フロント1モーターの合計3モーター。2020年発売予定。右ハンドルは2021年か?

あっけなく世界最高の市販車となりそうです。
しかもこれは4人乗りベースモデルなので、更に速いパフォーマンスモデルが出るとは。。予想:サーキットトラックエディションか?

0-60mile=1.9秒の世界。世界最速の市販車になります。
https://www.youtube.com/watch?v=C6nN-GlghAc

予約方法は、こちらのサイトより。https://www.tesla.com/roadster/
●ファウンダーシリーズ:車両価格$250,000(¥ 28,409,000
ファウンダーシリーズの予約金$50,000(57万円)をカード決済、10日以内に残金$245,000(¥ 27,839,000)をテスラに銀行振込。
●ロードスター:車両価格$200,000(¥ 22,700,000
ファウンダーシリーズでないロードスターの予約方法は、予約金$5,000(57万円)をカード決済、10日以内に$45,000(5,114,000円)を銀行振込、残金$150,000(17,016,000円)を納車時に支払い。

 

tesla-roadster-sketchtesla-roadster-clay-model-design-5-e1512415837750tesla-roadster-design-team-franztesla-roadster-design-studio-semi-truck

タイヤ摩耗具合。約1万キロ

4/1に交換した21インチタイヤ約1万キロでの摩耗の状態です。42,269km-32,837km=9432km
タイヤ:コンチネンタル Conti Max Contact MC5 245/35-21

私のテスラ70DデュアルモーターAWD車は、常時レンジモード(エコモード)がONだったので、フロントタイヤの方がリアよりも摩耗しました。 なぜかというと、レンジモードでは主にフロントモーターを使用して走行するからですね。そしてなぜか左が若干摩耗が多いようですね。リア駆動車では当然リアの方が摩耗すると思います。 しかし全体に摩耗は少なく3万キロは持ちそうな感じです。さすがエコタイヤ。
いつも12月にスタッドレスに変えるので、来年3月にはタイヤローテーションで対角線上で入れ替えたいところですが、私の21インチホイールはフロントホイール8.5J、リア9Jなので左右交換のみです。
左前・右前
左後・右後