テスラ モデルY 発表!

本日発表のあったモデルYです。
スタイルはほぼモデル3のまま。RWDとAWDあり、7シートはオプション、パフォーマンスモデルあり。
航続230~300マイル、0-60mile加速 3.5~5.9秒、価格$3.9万~$6万、2020年秋から販売スタート。
実用車としてモデル3よりも1台欲しいかも知れません(笑) レンタカーやカーシェアにもぴったりでしょうね。

https://www.tesla.com/modely


以下、テスラプレスページより。

Model YはミッドサイズSUVの電気自動車で 、多用性と安全性を持つよう設計されています。Model Yは39,000USドルのスタンダートレンジモデルを始めとして、ロングレンジ、デュアルモーター AWD、パフォーマンスモデルというバリエーションをラインナップ。

Model Yには大人7人が搭乗して7人分の荷物を積める十分な広さがあり、トップクラスの航続距離、優れたパフォーマンス、そして先進技術を搭載しています。高効率パワートレインとレスポンスの極めて高いモーターにより、どのような道路状況でも優れたハンドリングを発揮し、0-60mph加速はわずか3.5秒、最高速度は150mphに達します。Model Yのロングレンジモデルは1回の充電で最高300マイルまで走行でき、Model Yのスタンダードバッテリーでは230マイルの航続距離が可能です。

車内ではModel Yのパノラマガラスルーフや高いシート設定により、スペースのある空間と車両のどの席からでも広大な視界が開けます。フロントのトランクと分割・折り畳み式の2列目シートには、計66立方フィート(1.9立方メートル)という収納スペースがあります。Model 3同様、Model Yはキーを必要としません。代わりにスムーズに乗り降りするためにお使いのスマートフォンに接続します。車両のコントロールを全て行える15インチタッチスクリーンインターフェースが車内に備わっています。Model Yでは、Teslaのモバイルアプリに接続して、リモートロック解除、サモン、事前の遠隔エアコン制御、ロケーションの追跡、速度制限モードなどのユニークで簡単にアクセスできる機能が備わっています。

Model Yは、最も安全ミッドサイズSUVとなるべく設計されています。電気自動車として一から設計された、低重心、高剛性構造と大きなクランプルゾーンによって、圧倒的な保護性能が発揮されます。市場にある他の電気自動車よりも少ない電力で長距離を走行することができるというよう、空力設計とトップクラスのバッテリー技術により電力使用量の面で高効率を達成しています。Model Yは、36ヶ国に12,000以上あるスーパーチャージャー、最高1,000マイル走行分まで1時間で充電できるTeslaの新型V3 スーパーチャージャーに対応しています。

Model Y パフォーマンス、ロングレンジ RWD (後輪駆動)、デュアルモーター AWD (四輪駆動)の納車は2020年秋以降に開始、39,000USドルのModel Y スタンダードレンジの納車は2021年初めに開始する予定です。ご利用いただけるオプションや納車予定時期に関しては、デザインスタジオでご確認ください。

フルフラットシートです!

このスタイルで大人7人乗りはなかなかではないでしょうか。サイドの画像ではとても3列目のシートに大人が二人乗るスペースは無いように思います。
7人乗りオプションを選ぶとボディがロングになるのかも知れません。もしや、モデルS同様の後ろ向き?それはないようです(笑)
しかしそこがテスラマジックで、モデルX同様に3列目の居住性も安全性もしっかりと高めて来るのだと思います。

意外にも、私はこのリアスタイルが好きですね。
軽量コンパクト低重心で7人乗りと、これのデュアルモーターやパフォーマンスなどは面白いでしょう。今回のモデルYはメッキ部分が全てブラックアウトされていますが、これはパフォーマンスモデルだけでしょうか。
いずれにしても登場が楽しみですね。モデル3か、モデルYか、悩みどころというか、やはり昨今のセダン離れもあり、人気は Yに 集中するかも知れませんね。

前後トランク容量も、モデルYは66立方フィート(約1,870L)と、モデルSの30立方フィート(約850L(後席収納時 1,792 L) の2倍以上と頼もしい。モデルXは約2,180L(後席収納時 2,487 L)

2015年10月納車のモデルSデュアルモーター中期型?AP1 オーナーの私、今のモデルSはエレガントなスタイルとシンプルさ、機能性に惚れ込んだので思い入れがありすぎ手放す気にはならないのですが、モデル3は今のSと用途が被りすぎてどうかなあ~予約キャンセルかと感じていたこの頃。このモデルYはリアルな実用車として1台欲しいと思わせるスタイルとシンプルさと機能性です。壊れるところが少なそうなので長く乗るにも良いかも知れません。
うまいことやられてしまいそうですね、これから先もテスラには(笑)

さらにモデルYにはけん引オプションがあるようです。ボートやジェット、キャンピングトレーラー、バイクなど 引っ張ることができるでしょう!
モデルSには無くてモデルXにある機能だったので、こちらも楽しみですね!

広告

モデルY発表会の招待状

3/14モデルY発表の招待状。今気が付いたけどイベントの予約終わり?
モデルYには興味がないけど、SUV流行りなので今後世界で最も売れるテスラになるかも知れませんね。
発表会ではまたサプライズがありそう〜
新しいオートパイロットやエンハンスドサモン、もしやNewロードスターのロケット🚀付きとか?来そう?(笑)
ライブ中継が楽しみです。

テスラがMaxwell社を買収

これは今後のEVにとってちょっと大きなニュースかも知れないですね。電池の軽量化と長い航続距離、さらなるコストダウンとなりそうです。
200kWhが400kgとなると、モデルSが2トン以下になり航続距離が1200km、バッテリー寿命100万キロ以上とか凄いのができそうです。

以下Google翻訳。
Maxwellはウルトラキャパシターの会社でもありますが、リチウムイオン電池の乾式電極技術は現在の実証セルで300Wh / kg以上のエネルギー密度を可能にし、そしてそれらが500Wh / kg以上への道を見ると主張している。

これは、Teslaが使用している現在のバッテリーセルを大幅に改善し、より長距離や軽量化を可能にしますが、それはMaxwellの乾式電極の最も魅力的な利点でさえありません。
彼らは、製造プロセスを単純化し、「最先端の湿式電極に対して10〜20%のコスト削減」を実現しながら、「バッテリー寿命を最大2倍に延長する」と主張しています。

モデル3中国仕様

テスラモデル3の中国バージョンの画像が届きました。パフォーマンスモデルの20インチから19インチへのインチダウンは道路状況が芳しくない中国に配慮したのかも知れません。その名も「Power Sports」ホイール。ホイールカバーが結構かっこいいと思います。

モデルSとXの変更

モデルS、モデルXの75Dモデルの代わりに100Dシリーズのソフトウェア制限版が出たようです。パフォーマンスモデルはルーディクラスモードが2万ドルのオプションとなりました。
日本の注文ページ https://www.tesla.com/jp/models/design
は未対応のようですが、すぐに切り替わるでしょう。
全体に少し値下げになったようです。($1=110円で計算)

1,ベースモデル: EPA310mile(約500km) 0-60mph=4.1sec $75,75k(約833万円)
2,ロングレンジモデル: 335mile (約540km) +$8k(+88万円)
3,パフォーマンス: 0-60mph=3.0sec $102.75k(約1,130万円)
4,ルーディクラス: 2.4sec +$20k(+220万円)

オートパイロットは$5,000(55万円)のオプションです。


https://www.teslarati.com/tesla-model-s-x-extended-range-performance-badge-label/

モデル3用New19インチホイール

テスラ モデル3 2019年モデルの新ホイール画像が出てきました。これは中国仕様のパフォーマンスモデル用らしいです。このサイズですと19インチでホイールキャップにより空力を良くする仕組みのようですね。航続距離も伸びるのだと思います。
アルミホイールに軽量樹脂のキャップを組み合わせるスタイルは、今後のEV用ホイールとしてはトレンドとなりそうですね。前作18インチと比較してもキャップを外した状態でもなかなかのデザインだし空力もそう悪くなさそうです。
4、5枚目画像はキャップを外した状態。

75が消滅!

イーロンマスク曰く、モデルS、モデルX共に、75kWhモデルが月曜日から消滅するようです。
注文予定の方はお早めに。紹介コード http://ts.la/kenji7938
紹介コードの使い方はこちらhttps://teslaari.wordpress.com/referral/
さて、どうなるか。125追加?して125と100だけ?実質値上げ?ん~。謎が深まります。P125Dの発表??

テスラ製チップ搭載AP3.0ハードウェア

来年予定のAP3.0ハードウェア、テスラ製のチップ搭載とのこと。従来のnVidia製の10倍の処理能力はさすがですね。
しかもAP2.0/2.5HWからカプラーオンで交換可能とは凄い!!

それとソフトウェアでは、ひとまず9月頃配信予定のVer9より米国で自動運転の一歩前進が始まろうとしています。高速ランプの自動合流と空いた車線を自動車線変更する機能らしい。日本では認可がいつになるでしょうか。年末までに来たらいいですね。完全自動運転オプションが有効になる時が来ようとしていますね。

そういえばちょうどテスラから買替営業のTELありました(笑)
いやまだAP1から乗り換えません(笑)が、ちょっとお盆明けに相談に行く予定。来月は車検に出す予定です。55,013km

https://electrek.co/…/tesla-chip-most-advanced-computer-au…/

https://japanese.engadget.com/2018/08/02/ai-11-3-autopilot/

フロントタイヤ交換とコンフィグ変更

今回工場に入庫した理由が、4/28にアラクニッドホイールに変更(50,900kmしたときに、戸塚工場でタイヤの銘柄の選択ミスがあったらしく本日フロントタイヤのみ交換となりました。これでフロントリア共にコンチネンタル スポーツコンタクト5PのTO(テスラ承認タイヤ)に。前回はフロントがただの「5」で、TO無し、つまりテスラ承認タイヤではなかったのですね。さて変化が感じられるでしょうか?(笑)
フロント245/35-21(23/17、30/17)、リア 265/35-21(06/16、35/16)。Treadwearフロント280/リア240は変わらず。53294km(リア+2394km)
入庫ついでにコンフィグレーションの変更をして頂き、ディスプレイ上やアプリのホイールもアラクニッドホイールになりました(笑)ありがとうございました。こういうのって面白いですよね~
凄くカッコよくなりました。が、あまりエレガントではありませんね(笑)。レッドのシルバータービンホイールはさすがにかっこいい。やっぱりちょっとグレー系かマットブラックにしたい。53294km

モデルS/Xの新しい内装

モデルS/Xの新しい内装「クリームプレミアム」インテリア&「オークデコール」と呼ばれるオプションの実際の画像です。ただしこれは75Dと100Dのみのオプションで、P100Dでは選択できません。

私のSの従来のタンレザーより薄めのベージュでしょうか。私個人的には「柔らかで上質」なイメージと感じるので結構好みです。私がもしXを持つなら75Dか100Dを選びこのオプションにしたいですね。ホワイトは眩しい!という方にもいいかなと思います。

【追記】画像をよく見たら、各所アルミシルバーの部分がマットブラックになっていますね。これは意外な処理です。確かに太陽に反射し眩しく感じるときもあるので「人に優しい」と言えるのかも知れません。

私はダッシュボードのアルカンターラが大好きだったのですが、近年のは無くなってしまったようですね。

モデルS、X購入の際は、私の紹介ID(kenji7938)をご利用下さい。リンクはこちら。http://ts.la/kenji7938
スーパーチャージャー 無制限利用特典 など様々なメリットがあると思います。どうか遠慮なくご使用下さい。上記リンクから注文するか、注文時に紹介者のID(kenji7938)を知らせるだけです。(現在新車のみで中古車とモデル3の予約には使えません)

 

https://electrek.co/2018/05/29/tesla-model-s-x-new-interior-first-look/

モデル3、デュアルモーターとパフォーマンスモデル詳細発表

フロントモーターはモデルS/X同様AC誘導モーターとなり、リアはモデル3 RWD車と同様の永久磁石モーターとなるそうです。
デュアルモーターは$5,000のオプション。日本では60~65万ぐらいかな?まもなく予約開始するようです。パフォーマンスバージョンには、カーボンスポイラー、20インチホイール、および白黒インテリアが搭載される予定。

デュアルモーターAWD

  • 航続距離:500km
  • 0~60mph加速:4.5秒(RWDモデルは5.1秒で実測4.6秒だったので、実測4秒?笑 )
  • 最高速度:225km/h
  • 価格:AWDオプション$ 5,000

パフォーマンスモデル(AWD)

  • 航続距離:500km
  • 0~60mph加速:3.5秒(もしかしたら実測で3秒切るかも知れませんね)
  • 最高速度:250km/h
  • 価格:78,000ドル(オートパイロットなし)
  • 現在の為替レート($1=110.73円)で8,638,000円。$1=120円で、9,360,000円

Model3 のパフォーマンスモデル(P75D?)はBMW M3、C63AMG、Audi RS4のような面白そうなホットモデルになりそう! だからちょっと高額です。これは乗り換えかも知れない。が、今のSを乗り続けるかも知れない。ラグジュアリーなSとやんちゃな3Pモデルの2台持ちが楽いでしょうね。BMW M3より15%も速い&サーキットでも速いそうなのでこれは期待できそうだ。RWDのモデル3の重量が1710kgなので、1800~1850kgぐらいになりそう。
さすがテスラ。後発のポルシェ ミッションEより速くなることは確実か?

恐らくサーキットトラックでも、BMW M3(0-60mph=3.8秒)やC63AMG(0-60mph=4秒)、Audi RS5(0-60mph=3.9秒)を抜き去る実力になるのだと思います。

https://electrek.co/2018/05/20/tesla-unveils-faster-and-more-powerful-model-3-dual-motor-awd-and-performance-versions/

テスラページ https://www.tesla.com/jp/model3

おまけ。ホワイトインテリア

 

アラクニッドホイールがオプションで選べます。

先ほど息子が教えてくれたのですが(私よりTESLAファン…)、ついに今日からアラクニッドホイールがオプションで選べるようになりました!!Image33価格はツインタービン同額の+55万円。ただしP100Dのみ。ホイールの色はブラックのみ。

モデルS、X購入の際は、私の紹介ID(kenji7938)をご利用下さい。http://ts.la/kenji7938
スーパーチャージャー 無制限利用特典 など様々なメリットがあると思います。どうか遠慮なくご使用下さい。上記リンクから注文するか、注文時に紹介者のID(kenji7938)を知らせるだけです。(現在新車のみで中古車とモデル3の予約には使えません)

現在、新車在庫車がたくさん!!結構安いです!私の紹介で購入された4名のうち2名の方が新車即納車を購入されました。カラーとオプションが好みと合えば狙い目です。https://www.tesla.com/jp/new?model=ms,mx

モデル3のパフォーマンスモデル&デュアルモーターが来週発表!

モデル3のパフォーマンスモデル&デュアルモーターが来週発表!7月生産開始。エアサスは来年らしいです。

https://electrek.co/2018/05/11/tesla-model-3-dual-motor-performance-versions-next-week/

テスラ Newロードスター発表!

TESLA Newロードスター発表!!
https://www.tesla.com/roadster/

TESLA Newロードスター
0-60 mph1.9秒、0-400m 8.8秒、最高速400km/h以上。
バッテリー容量200kWh、航続距離998km。 リア2モーター+フロント1モーターの合計3モーター。2020年発売予定。右ハンドルは2021年か?

あっけなく世界最高の市販車となりそうです。
しかもこれは4人乗りベースモデルなので、更に速いパフォーマンスモデルが出るとは。。予想:サーキットトラックエディションか?

0-60mile=1.9秒の世界。世界最速の市販車になります。
https://www.youtube.com/watch?v=C6nN-GlghAc

予約方法は、こちらのサイトより。https://www.tesla.com/roadster/
●ファウンダーシリーズ:車両価格$250,000(¥ 28,409,000
ファウンダーシリーズの予約金$50,000(57万円)をカード決済、10日以内に残金$245,000(¥ 27,839,000)をテスラに銀行振込。
●ロードスター:車両価格$200,000(¥ 22,700,000
ファウンダーシリーズでないロードスターの予約方法は、予約金$5,000(57万円)をカード決済、10日以内に$45,000(5,114,000円)を銀行振込、残金$150,000(17,016,000円)を納車時に支払い。

 

tesla-roadster-sketchtesla-roadster-clay-model-design-5-e1512415837750tesla-roadster-design-team-franztesla-roadster-design-studio-semi-truck

Tesla Model 3 Performance-D P74D?

テスラのフリーモント工場のテストコースにて。20インチホイール&レッドキャリパー&デュアルモーターのパフォーマンスモデルか?

テスラ純正ホイール重量

20643311_1922164691404571_2325407329186512944_o
1,19インチ旧標準: 13.38kg
2,19インチサイクロン: 13.52kg
3,19インチスリップストリーム(現行標準):13.15kg
4,21インチタービン:8.5J=15.97kg / 9J=17.24kg
5,21インチ アラクニドArachnid (Forged):8.5J=12.6kg / 9J=13.2kg
https://tsportline.com/…/owne…/the-tesla-model-s-wheel-guide

PCD:5×120mm
センターボア:64.1mm
ラグナットサイズ:M14x1.5mm、60°テーパー
オフセット:40mm
締付トルク:175Nm

 

以下動画より。フロント3.2kgx2、リア3.4kgx2=合計13.2kgも軽量化!凄い!

21インチタービン:8.5J=15.8kg / 9J=16.6kg
21インチ アラクニドArachnid (Forged):8.5J=12.6kg / 9J=13.2kg

モデルSハードウェアのアップデート履歴

19g88cyj9wxdmjpgモデルSハードウェアのアップデート履歴一覧。見るだけで疲れてしまうほど詳細です。
そのうち、いつか日本語でまとめてみたいけど、誰かやって(笑)

https://sites.google.com/site/teslamotorsclubwiki/home/model-s/options-by-year

“モデルSハードウェアのアップデート履歴” の続きを読む

モデルS P100D試乗

17814658_1855007938120247_8921530817438108419_oモデルS P100D試乗。ボートショーに来たらたまたま試乗車あったので。
路面ハーフウェットだったのが残念でしたが、以前代車でお借りしていたP90DLとの比較でも、加速はやはり凄い。脳の血液が後ろに行く感じが(笑)高速も走ったのですが高速域もたいぶん速くなりました。速いだけでなく何かと洗練されていました。AP2車は初めてだったのですが、後方カメラの解像度がよりシャープに、ナビ地図の移動がスムーズ、遮音性も少し上がってるかも。ホワイトシートのしっとり感が良かった。ルーム(バック)ミラーがコンパクトになった。ワイパーは相変わらずダメ(笑)
ただ、Ver.8.1入っていたものの、オートパイロットはまだまだでしたが、すぐにアップデートで良くなるでしょう。
P100D純正装着タイヤのミシュランPSSは素晴らしい!TOテスラ認証タイヤ。300AAA
静粛性、乗り心地、グリップ、コントロール性、全て完璧でした。コンチMC5の全て+20~30%よい感じ。次は絶対これ(笑)
今回同じ純正8.5/9J21ホイールだったこともあり、タイヤの勉強になりました。でもコンチも半値以下ながらこの性能と思えば決して悪くない。

ミシュランPSS 245/35-21は48000円 4本で192000円。http://kakaku.com/item/K0000947470/
リア265/35-21は55000円、1台分で206000円。
http://search.rakuten.co.jp/…/PilotSuperSport+%E3%83%86%E3…/

コンチMC5 245/35-21が17700円を4本で70800円。http://kakaku.com/item/K0000754188/
Pをお乗りの方はミシュランで間違い無し。