テスラ製チップ搭載AP3.0ハードウェア

来年予定のAP3.0ハードウェア、テスラ製のチップ搭載とのこと。従来のnVidia製の10倍の処理能力はさすがですね。
しかもAP2.0/2.5HWからカプラーオンで交換可能とは凄い!!

それとソフトウェアでは、ひとまず9月頃配信予定のVer9より米国で自動運転の一歩前進が始まろうとしています。高速ランプの自動合流と空いた車線を自動車線変更する機能らしい。日本では認可がいつになるでしょうか。年末までに来たらいいですね。完全自動運転オプションが有効になる時が来ようとしていますね。

そういえばちょうどテスラから買替営業のTELありました(笑)
いやまだAP1から乗り換えません(笑)が、ちょっとお盆明けに相談に行く予定。来月は車検に出す予定です。55,013km

https://electrek.co/…/tesla-chip-most-advanced-computer-au…/

https://japanese.engadget.com/2018/08/02/ai-11-3-autopilot/

広告

フロントタイヤ交換とコンフィグ変更

今回工場に入庫した理由が、4/28にアラクニッドホイールに変更(50,900kmしたときに、戸塚工場でタイヤの銘柄の選択ミスがあったらしく本日フロントタイヤのみ交換となりました。これでフロントリア共にコンチネンタル スポーツコンタクト5PのTO(テスラ承認タイヤ)に。前回はフロントがただの「5」で、TO無し、つまりテスラ承認タイヤではなかったのですね。さて変化が感じられるでしょうか?(笑)
フロント245/35-21(23/17、30/17)、リア 265/35-21(06/16、35/16)。Treadwearフロント280/リア240は変わらず。53294km(リア+2394km)
入庫ついでにコンフィグレーションの変更をして頂き、ディスプレイ上やアプリのホイールもアラクニッドホイールになりました(笑)ありがとうございました。こういうのって面白いですよね~
凄くカッコよくなりました。が、あまりエレガントではありませんね(笑)。レッドのシルバータービンホイールはさすがにかっこいい。やっぱりちょっとグレー系かマットブラックにしたい。53294km

モデルS/Xの新しい内装

モデルS/Xの新しい内装「クリームプレミアム」インテリア&「オークデコール」と呼ばれるオプションの実際の画像です。ただしこれは75Dと100Dのみのオプションで、P100Dでは選択できません。

私のSの従来のタンレザーより薄めのベージュでしょうか。私個人的には「柔らかで上質」なイメージと感じるので結構好みです。私がもしXを持つなら75Dか100Dを選びこのオプションにしたいですね。ホワイトは眩しい!という方にもいいかなと思います。

【追記】画像をよく見たら、各所アルミシルバーの部分がマットブラックになっていますね。これは意外な処理です。確かに太陽に反射し眩しく感じるときもあるので「人に優しい」と言えるのかも知れません。

私はダッシュボードのアルカンターラが大好きだったのですが、近年のは無くなってしまったようですね。

モデルS、X購入の際は、私の紹介ID(kenji7938)をご利用下さい。リンクはこちら。http://ts.la/kenji7938
スーパーチャージャー 無制限利用特典 など様々なメリットがあると思います。どうか遠慮なくご使用下さい。上記リンクから注文するか、注文時に紹介者のID(kenji7938)を知らせるだけです。(現在新車のみで中古車とモデル3の予約には使えません)

 

https://electrek.co/2018/05/29/tesla-model-s-x-new-interior-first-look/

モデル3、デュアルモーターとパフォーマンスモデル詳細発表

フロントモーターはモデルS/X同様AC誘導モーターとなり、リアはモデル3 RWD車と同様の永久磁石モーターとなるそうです。
デュアルモーターは$5,000のオプション。日本では60~65万ぐらいかな?まもなく予約開始するようです。パフォーマンスバージョンには、カーボンスポイラー、20インチホイール、および白黒インテリアが搭載される予定。

デュアルモーターAWD

  • 航続距離:500km
  • 0~60mph加速:4.5秒(RWDモデルは5.1秒で実測4.6秒だったので、実測4秒?笑 )
  • 最高速度:225km/h
  • 価格:AWDオプション$ 5,000

パフォーマンスモデル(AWD)

  • 航続距離:500km
  • 0~60mph加速:3.5秒(もしかしたら実測で3秒切るかも知れませんね)
  • 最高速度:250km/h
  • 価格:78,000ドル(オートパイロットなし)
  • 現在の為替レート($1=110.73円)で8,638,000円。$1=120円で、9,360,000円

Model3 のパフォーマンスモデル(P75D?)はBMW M3、C63AMG、Audi RS4のような面白そうなホットモデルになりそう! だからちょっと高額です。これは乗り換えかも知れない。が、今のSを乗り続けるかも知れない。ラグジュアリーなSとやんちゃな3Pモデルの2台持ちが楽いでしょうね。BMW M3より15%も速い&サーキットでも速いそうなのでこれは期待できそうだ。RWDのモデル3の重量が1710kgなので、1800~1850kgぐらいになりそう。
さすがテスラ。後発のポルシェ ミッションEより速くなることは確実か?

恐らくサーキットトラックでも、BMW M3(0-60mph=3.8秒)やC63AMG(0-60mph=4秒)、Audi RS5(0-60mph=3.9秒)を抜き去る実力になるのだと思います。

https://electrek.co/2018/05/20/tesla-unveils-faster-and-more-powerful-model-3-dual-motor-awd-and-performance-versions/

テスラページ https://www.tesla.com/jp/model3

おまけ。ホワイトインテリア

 

アラクニッドホイールがオプションで選べます。

先ほど息子が教えてくれたのですが(私よりTESLAファン…)、ついに今日からアラクニッドホイールがオプションで選べるようになりました!!Image33価格はツインタービン同額の+55万円。ただしP100Dのみ。ホイールの色はブラックのみ。

モデルS、X購入の際は、私の紹介ID(kenji7938)をご利用下さい。http://ts.la/kenji7938
スーパーチャージャー 無制限利用特典 など様々なメリットがあると思います。どうか遠慮なくご使用下さい。上記リンクから注文するか、注文時に紹介者のID(kenji7938)を知らせるだけです。(現在新車のみで中古車とモデル3の予約には使えません)

現在、新車在庫車がたくさん!!結構安いです!私の紹介で購入された4名のうち2名の方が新車即納車を購入されました。カラーとオプションが好みと合えば狙い目です。https://www.tesla.com/jp/new?model=ms,mx

モデル3のパフォーマンスモデル&デュアルモーターが来週発表!

モデル3のパフォーマンスモデル&デュアルモーターが来週発表!7月生産開始。エアサスは来年らしいです。

https://electrek.co/2018/05/11/tesla-model-3-dual-motor-performance-versions-next-week/

テスラ Newロードスター発表!

TESLA Newロードスター発表!!
https://www.tesla.com/roadster/

TESLA Newロードスター
0-60 mph1.9秒、0-400m 8.8秒、最高速400km/h以上。
バッテリー容量200kWh、航続距離998km。 リア2モーター+フロント1モーターの合計3モーター。2020年発売予定。右ハンドルは2021年か?

あっけなく世界最高の市販車となりそうです。
しかもこれは4人乗りベースモデルなので、更に速いパフォーマンスモデルが出るとは。。予想:サーキットトラックエディションか?

0-60mile=1.9秒の世界。世界最速の市販車になります。

予約方法は、こちらのサイトより。https://www.tesla.com/roadster/
●ファウンダーシリーズ:車両価格$250,000(¥ 28,409,000
ファウンダーシリーズの予約金$50,000(57万円)をカード決済、10日以内に残金$245,000(¥ 27,839,000)をテスラに銀行振込。
●ロードスター:車両価格$200,000(¥ 22,700,000
ファウンダーシリーズでないロードスターの予約方法は、予約金$5,000(57万円)をカード決済、10日以内に$45,000(5,114,000円)を銀行振込、残金$150,000(17,016,000円)を納車時に支払い。

 

tesla-roadster-sketchtesla-roadster-clay-model-design-5-e1512415837750tesla-roadster-design-team-franztesla-roadster-design-studio-semi-truck