九州へ1,465kmの旅

人生で一度でいいから行ってみたかった熊本県の天草にテスラで行ってきました。
今回は淡路→四国→ 九四フェリー→九州上陸というドライブルート!
天草で念願のイルカも間近で見ることができたし、娘のリクエストの福岡市博物館で卑弥呼の金印を鑑賞し、息子絶賛の博多とんこつラーメンを頂き、震災復旧中の熊本城、そして修学旅行以来の阿蘇山も拝むことができ満足な旅となりました。
いつものごとく福岡スーパーチャージャー含めすべて充電代無料と言いたいところですが、 1か所だけ 道の駅の充電が30分300円かかりました。ジュースの自動販売機に300円入れる面白い充電器だったのでお試しで(笑)
CHAdeMo充電器は、松山城駐車場50kW、大分駅前JR系ショッピングモール25kW、熊本空港25kW、熊本ホンダディーラー40kW、不知火の道の駅25kW、松山正岡子規記念館50kWで充電。食事や買い物ついでの充電なのでタイムロスなし。
3泊4日1,465km 平均電費185 Wh/km。後日少しづつページ更新予定です。動画も上げていきます。
68,852km

天草でボートで野生のイルカとクルージング。どんどんイルカが寄ってきます。
イルカを船体やスクリューで傷つけないか心配でしたが、イルカの親子が白いおなかを見せて楽しんで近づいて泳いでくれます。しかしイルカの住むこの美しい天草の地の環境破壊には気を付けないといけません。
この日も10隻ほどのイルカウォッチングの船がおりました。海中・空中排気ディーゼルエンジンなので海水も空気も汚れます。今回お借りしたボートはイルカクルージングには最小限の21フィート115馬力4サイクル船外機艇で音も静かで4月におろしたての最新モデルのため環境にも優しいはずですが、ボートが電気ボートになればかなり気持ちよくイルカと一緒にクルージングできそうなものです。技術的にはできるはずです。ヨットのエンジンも電気にすれば航行中、停泊中もソーラーで充電できるわけですから便利この上ないですね。冷媒も海水を利用してモーターや電池を間接的に冷やすことができますし、電池をエアコンや冷蔵庫などの電源として使えます。大きめのクルーザーはわざわざオナンの大きなディーゼル発電機を積んでいますから、今の電池の技術があればエンジンやディーゼル発電機から次第に置き換えることになるでしょう。そんなことのために何か力になりたいと日頃考えています。今回も良い勉強になりました。
淡路→四国→ 九四フェリー→九州上陸というドライブルート! 往復1,465km
明石海峡大橋を通り淡路へ、大鳴門峡を渡り徳島へ。
徳島、愛媛は高速、一般道共に素晴らしい道路で本当に走りやすかったです。素晴らしいドライブ♪
四国と九州を結ぶ九四フェリーは家族4人往復で2万円ほどでした。
愛媛は風力発電が凄い数!素晴らしいです!ここは原発もあるけどやはり絶対自然エネルギー。

大分上陸してすぐ 食事も兼ね大分駅のJR商業施設で無料充電。高速50kW。
初の福岡スーパーチャージャー!場所はこちら。ホームセンターとドラッグストアがありますが近隣に食事ができるところが無いようでした。充電速度は爆速120kW。ですがさらにこれが145-150-200-250kWにパワーアップ予定。電池容量90kW/hまでのモデルは145kWまで既存の100kW/hモデルの車は150kW予定。今販売中のモデルS、Xは150~200kWまで対応予定。モデル3は250kW、来年あたりに出てくる新モデルS、Xも250kWになるでしょう。
宿は上天草の湯楽亭という旅館。なんと洞窟の温泉があるのです!
サービス、部屋、温泉全てにおいて良かったです。温泉マニア必見。充電器やEVコンセントなし。
途中に停泊した天草の湯島で、 舫いを取って頂いたヨットの方とお話し。熊本で少年海援隊というNPO法人を立ち上げておられます。なんと兵庫県高砂の「明石ヨット」におられた方で太平洋を横断されたとても穏やかな紳士でした。素晴らしいです!
ホンダ熊本インター店で無料40kW充電はありがたい。近隣にレストラン多数。イタリアンを食す。
震災復旧中の熊本城。夜になってしまいましたがライトアップされており若い方が大勢いました。

帰りのフェリーは9:30に港に到着したおかげで空いていました。

今回GW中にも関わらず全く渋滞に遭わなかったのですが、淡路の高速道北淡合流手前で12km渋滞のため手前で降りて淡路ICで合流。それから明石大橋とその先のトンネルで40km/hほどのノロノロ運転となりました。こんな時最高なのがオートパイロットで、やることなし!ですが運転監視義務は怠ってはいけません。

3泊4日1,465km 平均電費185 Wh/km。
本来連休8~10日間でゆっくり回るはずの九州の旅でしたが、前半天気が悪く後半に圧縮。そのため高速道路は可能な限り飛ばしたので通常運転なら170~175Wh/kmぐらいだと思います。5月の気候でエアコンを弱めにかけて私のモデルS70D( 70kWhバッテリー )は長距離だと飛ばして378km、制限速度+10km/hほどの通常運転で400~412kmという計算になるかと思います。
広告

スーパーチャージャー V3.0


スーパーチャージャーV3.0動画。
モデル3で250kW以上出ています。5分で75マイル(120km!
)1時間で1000マイル、1600km以上の充電率表示!!

今後数カ月のうちに、ソフトウェアの更新によりModel SとXの充電速度を向上させ、アジア地域への導入は第4四半期とのこと

日本ではひとまず稼働率の高い都内と大阪に導入でしょう。さていつになるかです。が、早いことを期待します!

we are also unlocking 145kW charge rates for our 12,000+ V2 Superchargers over the coming weeks.

スーパーチャージャー到着前にバッテリーの温度を最適にすることに加え、既存のスーパーチャージャーを数週間以内に今までの120kW→145kWにアップデートするようですね。これにより今までより25%ぐらい充電速度があがるようです。色々凄い!(笑) https://www.tesla.com/jp/blog/introducing-v3-supercharging


現場の速報動画。V3液冷ケーブルの方が細いのは不思議です。
  • テスラ スーパーチャージャーV3.0について。
  • 1、最大250kWの最大電力をサポートするが最初は200kWに制限。モデル3の2170バッテリーセルはより高い充電率を活用することができる。Model SとModel Xがどの程度の充電率をサポートできるかは未定。これは車両の世代によって異なります。今後数カ月のうちに、ソフトウェアの更新によりModel SとXの充電速度を向上させるようです。
  • 2、 スーパーチャージャー ユニットの底部に内蔵のクーラントシステムを持ち液冷ケーブルを使用。
  • 3、充電する複数の車両間で電力を分け合う必要はありません。
  • 4、現世代のスーパーチャージャーに後付け可能。
  • 5、スーパーチャージャーV2の92%に対して96%の電力変換効率。
  • 6、V3.0ステーションには4G LTEを搭載したサイトマスターコントローラもあり、Teslaによる遠隔監視が可能になるだけでなく、使用状況および請求情報については車両と直接通信することも可能。
  • 7、 太陽光発電とパワーパックの統合 。
  • 8、テスラはV3.0の次に、EVセミトラックのために開発中の商業メガチャージャーステーションに取り組んでいます。

https://www.teslarati.com/tesla-supercharger-v3-details-200kw-liquid-cooled/

https://ts.la/2UnWDUv

On-Route Battery Warmup
New Supercharging infrastructure isn’t the only way we are improving our customers’ charging experience. Beginning this week, Tesla is rolling out a new feature called On-Route Battery Warmup. Now, whenever you navigate to a Supercharger station, your vehicle will intelligently heat the battery to ensure you arrive at the optimal temperature to charge, reducing average charge times for owners by 25%.

This combination of higher peak power with V3, dedicated vehicle power allocation across Supercharger sites, and On-Route Battery Warmup enables customers to charge in half the time and Tesla to serve more than twice the number of customers per hour. Additionally, we are also unlocking 145kW charge rates for our 12,000+ V2 Superchargers over the coming weeks.

テスラと最新EVとの効率を比較

最新のEVであるアウディe-tron、ジャガー i-Pace と比較して、デビューしてもう数年経過しているテスラモデルX90Dの電費効率が異常に良いことが、実証されてしまいました。これは問題です。モデル3やもうすぐ発表のYはもっと効率良いし、もうすぐもっと凄いSとXが出てこようとしているのに。やはり既存のメーカーには作れないのか。


https://nextmove.de/autobahn-test-tesla-model-x-beats-audi-e-tron-jaguar-i-pace/


動画はこちら

1泊2日東京訪問!1,313km

急用で1泊2日東京訪問しましたが、新東名全線でばっちりオートパイロットできました!ナビも分かりやすくなったし、もの凄く楽になりました。もう高速道路では98%オートパイロット。ほんと自分のだけ人間が運転していない(笑)
土日なのにスーパーチャージャー(浜松、お台場、御殿場、浜松)も結構ガラガラで本当にストレスフリー。2日で1,313km 燃料代0円、トラブル0。年明けてから2週間で2,841kmも走っています(笑)今月の燃料代は自宅充電の¥1,246円。電費はちょうど200Wh/km。64,131km

ナビがアップデート!!

今朝、ディスプレイにアップデートしたと書いてあるけど白紙。なんだと思ったらナビが進化!!何年待ったことか‼️ありがたい。渋滞を考慮するようになり、新東名がやっと❗️
【追記】案内の声もAIぽく変わり「〜方面」や「いま右方向!」(笑)、車線の案内など、詳しく音声でナビゲーションするようになりました。
ドライバー側ディスプレイのナビ画面がとっても大きくなり詳細になりました。やっとテスラの世界標準仕様に追いついた感じです。

富士、伊豆へ 1,270kmの旅

新年あけましておめでとございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
休暇を利用してテスラで富士と伊豆へ行ってきました。1,270km 燃料代0円。
充電は、全てスーパーチャージャー!もう日本に20箇所もあるので余裕です。61,357→62,635km。

最近年のせいか少し体調を崩しており(リンパの腫れと頭痛。風邪?)その体調のままの旅行でしたが、テスラとオートパイロットのおかげで3日間1,270km走って全く問題なく帰ってきました。楽しかった!行ってよかったです。 ブログは無理なく数日かけて少しづつ更新していきます。

往路:うちのモデルS70Dでほぼ満充電ならば浜松まで無充電で行けるのですが、前日家で充電を忘れており83%からの出発となったため(笑)、出来たばかりの京都SCで45→78%まで26分だけ充電。そして浜松へ。着いたら残り4%。ちょっと調子に乗って飛ばしすぎ(笑)

浜松SC。4%→97%まで1時間15分充電。食事してたらあっという間です。お隣にはホワイトのモデルS。グレータービンが最高にクールです。 ここから精進湖まで妻に運転交代です。


きれいな富士山も見えてきました!うちは富士山大好き家族なのです(笑)

いい富士です!!最高にいい天気。

目的地の精進湖。夕方になってしまいましたが、きれいな富士山が拝めました。

息子がドローンで上空から。


初!甲府SC!6機あります。イエローハットとノジマ電気にあるとは!!
近くのインド料理屋さんで食事している間に40%→98%まで充電。。ナンが美味しかったけどカレーは今一歩。接客は完璧。この近くのホテルで一泊。
1日目、518km

早朝にまた精進湖に戻り日の出を撮影する予定が寝過ごし、逆光祭りに(笑)でも意外といいのが撮れてる。今回一眼忘れたので全部スマホ。ここのような結構なデコボコ道や深い雪道に入っていけるのも四駆&エアサス車高調付きなら安心と思います。今日は暖かい!!!

西湖で逆さ富士が撮れました。素晴らしい!

御殿場SCにてランチ。54%→97%

大涌谷で黒温泉たまごを食べて、伊豆のホテルへ向かいます。

伊豆はさすがに良い眺めです。夜はゆっくり温泉。

朝から子供たちはプール。私は一人、部屋のバスルームでくつろぎます。こんな景色の家に住むのが理想かなあ~

大好きな伊豆白浜海岸。この日は気温19度にもなり完全に夏のような気候でした。
本当は伊豆をもう少し楽しみたかったのですが、私の体調もあり、ここから帰路につきます。

帰りの浜松SCで夕食。ホワイトのモデルXと。3%→91%、1時間3分。ここから家まで320km一気に走ります。運転は妻に任せました。感謝!ご苦労さま。電費は白浜から浜松まで154 Wh/km、浜松から家まで 180 Wh/km と、驚異的な電費の良さ。

充電は、全てスーパーチャージャーで、京都SC→浜松SC→ 甲府SC → 御殿場SC→ 浜松SC。もちろん燃料費はゼロ。往復1,270kmの旅でした。
旅の行程の95%はオートパイロットでの走行です。オートパイロットが無ければ行く気になれませんでしたが、妻とテスラのお陰とも言えます(笑) ありがとう。

京都スーパーチャージャーに行ってきました!

待望の国内20か所目のスーパーチャージャー!しかも近くの京都!嬉しくて家族でドライブがてら行ってきました(笑) 場所は京都駅近くの「リーガロイヤルホテル京都
充電器の出力は都市型(アーバン)タイプの72kWですが充電スピードは十分早かったです。到着したときにはちょうど4台目でしたが画像の通りの出力でしたのでこれで充分ではないかと思います。これからどんどん増えてくれればいいですね。
ホテルの中でランチをいただいているあっという間に充電完了。他のスーパーチャージャーより左右の駐車スペースが少し狭いですので、乗り降りの際にお気を付けください。4台目の隣の駐車スペースには200vのEVコンセントが2機ありました。次回はこのホテルのプールに入りに来ますよ~。これからの人生の楽しみがまた増えました。 61,035km

今回私の自宅から往復250kmほどの短い旅だったのですが、行きは一般道でのーんびり景色を楽しみながら田舎道をゆ~っくりと。帰りは高速道路で素早く移動しました。気温8~12度。電費は暖房付けっぱなしで帰りは高速ぶっ飛ばしてトータルで205Whでした。電気代510円(関電深夜1kW=約10円)しかかかっていません。でも帰りはスーパーチャージャー京都にて無料で44kW、440円分を充電したのでほぼタダですね(笑)
前車Audi S8では燃費6~8km/lだったので250/7=35.7L×ハイオク160円=5,700円かかります。
私のテスラ含めEVは冬場のちょい乗りでは著しく電費は悪化し400Whとかになるときもありますが、それはガソリン車も同様。このようなおおよそ100kmを超えるような長距離ではf冬場で暖房付けっぱなしでもほぼカタログ通りの電費なのですね。しかも今回4名乗車でスタッドレスだし帰りは時間がなくぶっ飛ばしているし(笑)そういえば今回レンジモード(バッテリーエコモード)はOFF。今回レンジモードで電費を意識した走行をすれば170Whとかも可能だったでしょう。

さらに、実は最近2日ほど、トランクが閉まらないトラブルのためオートパイロットが使えなかったのですが、その2日の中で1時間ほどの渋滞含めて手動運転をしたら本当に辛かったです。渋滞では足がつりそうになりました。
今回2日ぶりに使うオートパイロットは、やはりもうなくてはならないものに。今回5時間以上運転したのですが、今回の方が圧倒的に楽でした。やはり疲労の具合は全然違います。オートパイロットなしでは今回行こうとさえ思いませんでしたし(笑)
これは恐ろしいというか、やはり慣れというものは凄いです。軽自動車にもこの程度のオートパイロットはすぐにでもつけられると思うので、早く国産車全車標準装備となるよう願っています。

木更津スーパーチャージャーオープン!国内19カ所目

本日9/29(土)、国内19カ所目のスーパーチャージャーが千葉県木更津市にオープンしました。
アクアライン降りてすぐ!6機あります。 30ヶ所まであと11個所!日本のテスラの方々、どうか頑張ってください。

場所は、マライカ BAZAAR 木更津店 https://goo.gl/maps/ozP49MLyqw72
〒292-0009 千葉県木更津市金田東1-14-1

https://www.tesla.com/jp/blog/jp_kisarazusupercharger

モデルXで長距離

IMG_56682代車のモデルXで長距離を走りました。今回は京都、鳥取方面へ高速道路含め500kmほど走破。
最初にモデルXという車を私自身、かなり侮っていました。これは高速で長距離を移動するための最高のツールだったのです。試乗しただけではわからないこの車の魅力を再発見しました。

乗り心地が良い:一般道では少しハードな乗り心地も、高速では一転、ものすごくしなやかなフィーリングを見せます。22インチの大径ホイーと35偏平タイヤとは到底思えない乗り心地です。運転感覚は車高が高いせいもあるのか見通しがよくスピード感がありません。実際には結構なスピードが出ているのでこれには注意して走行しないといけません。

ハンドリング:実はこれが一番びっくりしました。モデルSと遜色ないと言ってもいいでしょう。同じハンドリング性能です。低重心というのはSUVをもこんなにも変えるのだなあと感じます。今までアルファード、エスティマ、ハイエース、セレナなど乗りましたが、モデルXのハンドリングは、SUVのハンドリングどころかポルシェのハンドリングです。地を這うようにコーナーを回っていきます。SUVとしては驚異のコーナーリング性能だと思います。
まず重量があるし正直ファルコンウィング含め結構重心上がっているのでどうかなあと思っていたのですが、予想を覆す性能でした。車高を最も低いVeryLowに設定すると更にハンドリングレスポンスが良くなります。アライメントの変化と更に重心が下がることによるものと思います。

静粛性:唯一、一般道の静粛性のみ少し不満でした。2列目と特に3列目で聞こえる音が結構気になりました。加減速時のモーター音とタイヤのパターンノイズがあります。しかし高速道路では不思議と風切り音にかき消されて気になる音量と音質ではなくなります。高速道路ではモデルsと比較しても気になるレベルではないと感じました。モデルSが明らかに他車と比較して静かすぎる訳で、Xの3列目はモーターとリアタイヤのすぐ上に座っているわけですし改善は難しいのかも知れません。この代車は2017年11月登録の廉価版75Dですので、これより後のモデルやPモデル等は何らかの改善があるのかも知れません。

オートパイロット:AP1とAP2の現時点での違いは非常に興味深かったのですが、高速道、一般道共に現在ほぼ同レベルと言っても良いと思います。AP2の方が遠くの車を認識はするのですが、ブレーキが早いわけではなく、カーブを曲がっていく精度も今はちょうど同じレベルと感じました。このXはどうも一般道の交差点で左に行こうと急にハンドルを切るので何度もドキッとさせられました。この車両は調整が必要かも。停止車両を避けてくれたことが何度かあったのですが前車追従したケースだったのでこれは特にAP1と変化無しと感じました。アメリカのように工事現場等のコーン認識は日本はAP2でもまだしないようでした。
また自動駐車時はAP1は障害物のみの認識。AP2は日産プロパイロット同様白線も認識して駐車していると思います。これだけでも凄い進化かも。 これは私のモデルSが帰って来次第確認します。共にファームウェアは2018.32.4。 今後はどんどん差がついていくのでしょう。AP2以降は主要なハードも交換可能なようですし素晴らしい設計です。今後が楽しみですね。

航続距離:このモデルX75Dは22インチ大径ホイールを履いていることもあり、充電満タンの航続可能距離はカタログ値は417km(NEDC)あるのですが、この車両は標準値324km、定格値404kmで、(私のS70Dはカタログ値442km(NEDC)、納車時368km/468km)、一般的に1充電で300km走行できれば一般的な使い方はもちろん、たいていの長距離も問題無いかと思いますが、やはり長距離をよく走るとなると、充電も速く 565km(NEDC)走行できる100Dが無敵ですね。
スーパーカーの加速をするP100Dは狂気の高速移動SUVでしょう(笑)これぞ全部入り超贅沢SUVです。

最後に、この巨大なEV、1週間を過ぎ返す頃になるととーっても愛おしくなってしまいました。ずんぐりしたルックスも、なんだか可愛げがあるのはないですか(笑)モデルSは隙のないモデルさんのようなシャープなスタイルなので余計にそう感じられるのかもしれませんね。
ファミリーカーとしても最高です。お客さんを乗せるのも話のネタがたくさん(笑)。モデルSとは逆で機能性には隙がありません。本当に色々と使える優秀なEVでさすがテスラと言わざるを得ません。
ちょっと、これはモデルX 100Dなど余裕があれば欲しいところです。

お盆中の白馬にて

お盆中の白馬にて不思議な写真が撮れました。来月はいよいよ車検の時期に入ります。テスラに予約も入れておきました。57,546km。ユーザー車検予定でしたが、整備内容が多いのでお任せするかも。後日またご報告致します。

高速道路上でバッテリー0%に!!!

お盆休み中の移動時に、高速道路上でバッテリー残量0%、走行可能距離も0kmになってしまいました。御殿場スーパーチャージャーに向かう上り線で上り坂が続いたため、なんと目的地の7kmも手前で充電が0%に。いやあ焦りました。私も助手席の息子も大パニック!(笑) 今まで約3年間で3kmほど残して到着したことはあったものの、ゼロは初めてでした、ゼロは。。。
高速では70~80km/h、高速降りてからは40~50km/hで、時間にして約5分間ほどゆっくり走ったらなんとか辿り着いたので結果オーライでしたが、、東名御殿場上りは皆さま気をつけましょう!!
焦っていたので画像はこれしかありません。。。
私のモデルSは残量0%から約7km、走行可能距離0kmから4.15km走ったことになります。
テスラの方より、「実際ゼロになったら止まります!」と言われていただけにヒヤヒヤでしたが今回だけはラッキーだったのかも知れません。56000km。

IMG_2284 (1)2.jpg

クリップボード0133

クリップボード01225.jpg

IMG_5031

御殿場スーパーチャージャーに無事到着し、0%、0kmからの充電は全く問題無しでした。0kmからの充電は最初は恐ろしくゆっくりでしたが、99%で348km。恐らく満タンで350km、レンジモードONで恐らく353km、70D新車時の367km、5月4日時点の356kmからはだいぶ減ったので、今後max80~90%ぐらいで差しっぱなしのバランス充電を心掛けてどれだけ改善するかも楽しみにしておきます。納車3年6万キロ弱のバッテリー劣化率が3%か4%かというところなので様子を見ていきたいと思います。
もしかしたら、この夏の猛暑の影響を受けているのかも知れませんね。全て標準値の数値。定格値ですと前回5月4日時で451km
しかし他のEVのようにバッテリー温度によって急速充電を受け付けなかったり速度が落ちたりすることはなく、温度管理の優秀なテスラのパナソニック製液冷式バッテリーの効果が乗れば乗るほど発揮されるのだと思います。

パーティー&キャンパーモード!

テスラは昨年のアップデートで、車両OFF状態でもエアコンが常時作動できる「キャンパーモード」を装備しているのですが、それを更に進化させる「パーティー&キャンパーモード」のアップデートがあるようです。
テスラでエアコンの他に、音楽、照明、USB/12V電源が48時間以上利用できるようになります。他に何かサプライズがあるのかも(笑)

画像のようなテントがあれば、夏場でもテスラのエアコンをかけながら静かに涼しくキャンプすることができますね。これはいいね(笑)
【ご注意・重要】 ガソリン車は排ガスで一酸化炭素中毒となり命に関わりますのでご注意ください!!

Tesla-tent-camping-e1533063745632

2-tesla-car-camper-setip-0618-800x0-c-default

https://electrek.co/2018/07/31/tesla-party-camper-mode/

70D納車2年半、52000km時点のバッテリー劣化率

私はあまり100%にしないので、劣化率に関してよくわからなかったのですが、先日岡山SCで久しぶりに100%にしたので調べたことろ、過酷な使い方をしている割りには(笑)、こちらのデータと比べてもなかなか優秀だと思います。ここ半年ほどは自宅充電をしています。(S70Dカタログ値 NEDC 442km)

2015/10/8納車当時
368km レンジモードON、OFFだと365km。定格値は468km

2018/5/4
356km レンジモードON、OFFだと353km。定格値は451km

バッテリー劣化により失われた走行距離12km(定格値で17km)。納車2年半52000kmのバッテリー劣化率約3.2%

充電カードがあった2年間はチャデモ高速充電が多かったし、常時屋外放置、毎日乗るし、夏は海水浴で40度以上、冬はスキー場で氷点下と、更に度重なる全開走行で疲れ切っているはずですが、たいへん使える車です。まだまだ「大切に」使ってあげようと思います。

2年半で5万キロ!

納車からちょうど2年半で5万キロに。1年2万キロ、4年で8万キロペースです。
納車2年半、無事故無違反!ゴールド免許維持!
実は先日東京に行ったときに共にギリギリセーフでした。。。反省….
さあいつまで続くか挑戦ですね。調子乗ってたらやばいぞー!!!!!気を引き締めます!

テスラで1,500km春の旅

桜満開の春、仕事で明石から東京へテスラで行ってきました。

10日前に開通したばかりの新名神を通りましたが、道路も走りやすく景色も綺麗で山桜が美しかった〜。トラックだらけの鈴鹿の渋滞を抜け新東名へ。年度末だからか9割近くがトラック。案の定車線を塞がれ90km/hで走行。私はオートパイロット付いてるからまだ良いが、これは一般車の皆さんシンドイでしょう。マナーの良い方も大勢いましたが、半数以下かなあ〜
一人だけ気持ちよくぶっ飛ばしてすみません…。
新東名も新名神もでき道路は増えたけど、トラックだらけで走りを全然楽しめませんね。夜だから?最近は昼間もこうでしょうか? 逆に飛ばせなくて安全だったりEVだったら電費が良いが(笑)

日本の物流これで良いのかとか、命がけで積荷を運ぶ運転手の辛さとか、ここにビジネスチャンスはないのかとか色々考え過ぎて眠れない、充電満タンから家を出て343km、残り5%から、浜松で充電。#tesla

初戸塚。この子は覚えていて車高が上がります。テスラの日本国内の全ての車両は、一旦横浜戸塚工場で整備されるのです。工場に来て車高を上げるのは、積載車から降ろすときや充電時に下回りが車輪止めに接触しないようにする為でしょう。

いくつかの仕事を終え、パレスホテルで充電中に皇居で桜見物。とてもいい天気でした。
実は皇居内に入ったのは生まれて初めて。とても美しいところでした。その後お台場と横浜で用事を済ませ西へ。

初の御殿場SCではなんと目の前の富士山を見ながら充電とはすばらしい!感動しすぎて画像がない!(笑)。。その後箱根。寒いです❄️ が、気持ち良すぎ🌸
実はモデルS、箱根のワインディングロードをもの凄いペースで走ることができるのです。
この日はロータスエスプリ(懐かしい…)やリッターバイクたちと遊びました(笑)
ターンパイク、大観山から伊豆スカ亀石へ。伊東の道の駅で昼食。伊豆白浜からループ橋を渡り、また浜松へ向かいます。途中眠かったので、東伊豆町役場で昼寝しながら30分無料30kW充電。。(30kwだと50kmぶんしか走れませんが無料ですから…テスラ充電器SCスーパーチャージャーは120kwなので30分で200km以上です)

伊豆から浜松は混んでいて夕方到着。充電と夕食後7時前に出発し夜10時前帰宅。帰路は電気が余ったため飛ばしました(笑) (飛ばして平均時速100km/hを超えていても電費187Wh/km、空力に優れ軽量なモデルS70Dの電費は素晴らしい。Image3

70kWバッテリー車ですが高速でかなりのハイペースでも374km走ります。オートパイロット100km/hセットの巡航なら420km以上走ります。ちなみに電費の悪い21インチタイヤでの数値。
昨年10月鳥取大山から帰りの高速道路で平均時速75km/h122Wh/kmを達成していますので、高速道路で条件がそろえば1チャージで577kmも走行することができる車なのですね。

今回4日間の走行距離1,498km、充電代¥0。
凝縮された週末でした。忙しい中会ってくれた方々ありがとう😊 たまたま桜のシーズンだったので関東の桜を楽しめて良かった〜。あと5人ぐらい会いたい人いたけど次の機会に必ず!

スタッドレスタイヤへ。

今シーズンからブリヂストン。とっても静かです。44,298km (ー32,837=Mc5走行距離11,461km)

 

囲炉裏の宿「豊楽」

今日はテスラ デスティネーションチャージングステーションでもある、兵庫県の神崎郡神河町にある老舗旅館、囲炉裏の宿「豊楽」さまにお邪魔しました(http://www.houraku.info/)。この時期は紅葉、これから冬はスキー、春は桜、夏は川床料理と、年中楽しめる自然豊かな憩いの隠れ家です。ロビーには暖炉もあり暖か~い癒し空間。
泊まりはもちろん、気軽にランチも楽しめます。今回はとれたての活きたアマゴを囲炉裏の炭火で焼いて頂きました。とっても美味でした。紅葉と川と囲炉裏のなんだか最高のロケーションに感動してしまいした。
自然でいて親切な対応でなんだか我が家のように落ち着きます。高級なお部屋もございますが料金もリーズナブルでとても好感が持てました。

3代目オーナーさまが、環境に配慮されたEVに関心の高いお方でご自身もEVオーナーであり、テスラの充電器が配備されている日本に82ヶ所あるチャージングステーション(https://www.tesla.com/jp/destination-charging)であります。80Aと30Aの2機ありますので短時間でも相当のスピードでチャージ可能です。私の車両はデュアルチャージャーなしなので40Aでしたが充分な充電速度で2時間少しで約25%、100km分弱チャージできました。一般のEV充電設備もありEV環境がとても充実しています。充電料金は充電器や時間に応じてご相談下さい。
豊楽さんのFacebookページはこちら。https://www.facebook.com/irorinoyadohouraku/

このあたりはワインディングの整備が完璧で、高原やダムなどのロケーションもあり凄く気持ちが良く楽しく走れます!スポーツカーやハイパフォーマンスカーのドライブにも最適です。

JAPAN EV Rally 2017 in DAISEN

EVラリー 鳥取大山に行ってきました!http://daisen2017.jevc.gr.jp/
残念ながら雨でしたが、EV30台、テスラも愛知、山口、広島、岡山、兵庫から6台集まり、紅葉も素晴らしく!凄く楽しめました。2年前に山口でお会いしたP85DのYさんと再会!やはりグレータービン&レッドキャリパーはかっこいい。

蒜山PAから岡山SCまでの108.9km区間で、120Wh/kmの電費でした。しかも気温16度、ずーっと大雨の中です。凄い! ナビで-3%の予想だったのでちょっと無理かなと思ったのですが、結局着いたら+3%でした。3%ぐらいは余裕みてる感じかも(笑)
岡山SCのEdionで小一時間マッサージ機を体感(笑)これは有り難い。

来年もまた参加したいですね!今度は晴天なら登山もしたいです。

今回自宅から充電残量70%、251kmからの出発だったのですが、30台が一斉に集まるとのことで充電は早めの方が良いかと、EVラリーらしく(笑)途中無料で充電出来そうな所を息子がナビゲートしてくれ(実は今月から充電カードがないので…)、岡山県の真庭市役所に充電に立ち寄りました。50kW、120Aで最速!しかも1時間の無料充電。非常にありがたかった!充電中は近くに尋常小学校があり見学してきました。映画の撮影でよく使われる場所だそうです。

ここで21%から67%まで充電させて頂きました。実はこちらで充電中のi-MiEVにお乗りの笑顔が素敵なご夫妻と出会ったのですが、お気遣い頂きすぐに充電を譲って頂きました。お伺いしたら岡山市内から来られなんと偶然にも同じEVラリー参加とのこと。
お陰で予定通り11時前の10:57に40%で到着。いつもは譲る立場なのに本当にありがたかったです。

帰りの蒜山SAでは後ろから来られた同じくラリー参加者のリーフさん(ステージでFCVについて爆弾発言をされたあのお方!笑)に充電を譲り、食事をして岡山SCを目指したのでした。
ということで今回の532kmの旅の2回の充電代はゼロ。今回30台ものEV、PHVが来るのでどうなることかと思ったのですが、全然大丈夫でした。
そういえば岡山、鳥取には無料充電器がいっぱいありますね!兵庫は非常~に少ないです。

Img_18383.jpg

 

西日本の無料充電器

B881DFAB-2784-405F-9573-8FE19C26BF79

東日本の無料充電器

Image5.jpg

キャンパーモード

最新ソフトウェアアップデートで、空調の30分制限をキャンセルできる設定が可能に。俗に言う「キャンパーモード」が簡単になりますね。
私のは3ヶ月アップデートが来ないためサービスに要請中ですが。。。

やっとキャンパーモード来ました!!

台風の中をテスラで… オートパイロットが!

 

昨夜台風の中、凄い雨風の中を東名、名神高速を走ったのですが、モデルSのオートパイロットは凄いです。
人間が見えない対象物をレーダーで認識し、車線を認識し運転するので、全く異次元の世界です。
これは以前から私が言っていることなのですが、今までトヨタ、レクサス、AUDIのレーダークルーズを経験しましたが強い雨の日は一切ダメでしたがテスラは豪雨でも全然大丈夫なのです。
以前プレジャーボートで、肉眼の視界5mほどの深い霧の日にレーダーとGPSを使って航行したことがあるのですが、同じ感覚です。雨ごときでレーダーが使えないと付いている意味がない。
トラック、乗用車結構走っていましたが、私のだけ人間が運転していません。AP1なのでレーダーと1台のカメラと12個の超音波センサーだけでここまで行けるのですね、ほんと凄い。ハンドルはほぼ手を添えているだけのオートステアリングなので、風や水たまりでハンドル取られても自動制御してくれ常に車線の真ん中を走行します。しかもワイパーは追いつかないので使っていない状態です。
横風に強いことも特筆で荒れ狂う風雨の中、重心の低さと空力デザインのお陰で矢のように進む不思議なクルマ。車降りたら人間が飛ばされました(笑)

神戸SCに残り3kmで辿り着き、家に着いたらちょうど4万キロでした。2万キロの時も家に着いたらちょうどでしたね。
また一つ旅の思い出が出来ました。テスラやっぱり凄い!
愛される車というのはこんなときこそ感じられるのですよね。