九州へ1,465kmの旅

人生で一度でいいから行ってみたかった熊本県の天草にテスラで行ってきました。
今回は淡路→四国→ 九四フェリー→九州上陸というドライブルート!
天草で念願のイルカも間近で見ることができたし、娘のリクエストの福岡市博物館で卑弥呼の金印を鑑賞し、息子絶賛の博多とんこつラーメンを頂き、震災復旧中の熊本城、そして修学旅行以来の阿蘇山も拝むことができ満足な旅となりました。
いつものごとく福岡スーパーチャージャー含めすべて充電代無料と言いたいところですが、 1か所だけ 道の駅の充電が30分300円かかりました。ジュースの自動販売機に300円入れる面白い充電器だったのでお試しで(笑)
CHAdeMo充電器は、松山城駐車場50kW、大分駅前JR系ショッピングモール25kW、熊本空港25kW、熊本ホンダディーラー40kW、不知火の道の駅25kW、松山正岡子規記念館50kWで充電。食事や買い物ついでの充電なのでタイムロスなし。
3泊4日1,465km 平均電費185 Wh/km。後日少しづつページ更新予定です。動画も上げていきます。
68,852km

天草でボートで野生のイルカとクルージング。どんどんイルカが寄ってきます。
イルカを船体やスクリューで傷つけないか心配でしたが、イルカの親子が白いおなかを見せて楽しんで近づいて泳いでくれます。しかしイルカの住むこの美しい天草の地の環境破壊には気を付けないといけません。
この日も10隻ほどのイルカウォッチングの船がおりました。海中・空中排気ディーゼルエンジンなので海水も空気も汚れます。今回お借りしたボートはイルカクルージングには最小限の21フィート115馬力4サイクル船外機艇で音も静かで4月におろしたての最新モデルのため環境にも優しいはずですが、ボートが電気ボートになればかなり気持ちよくイルカと一緒にクルージングできそうなものです。技術的にはできるはずです。ヨットのエンジンも電気にすれば航行中、停泊中もソーラーで充電できるわけですから便利この上ないですね。冷媒も海水を利用してモーターや電池を間接的に冷やすことができますし、電池をエアコンや冷蔵庫などの電源として使えます。大きめのクルーザーはわざわざオナンの大きなディーゼル発電機を積んでいますから、今の電池の技術があればエンジンやディーゼル発電機から次第に置き換えることになるでしょう。そんなことのために何か力になりたいと日頃考えています。今回も良い勉強になりました。
淡路→四国→ 九四フェリー→九州上陸というドライブルート! 往復1,465km
明石海峡大橋を通り淡路へ、大鳴門峡を渡り徳島へ。
徳島、愛媛は高速、一般道共に素晴らしい道路で本当に走りやすかったです。素晴らしいドライブ♪
四国と九州を結ぶ九四フェリーは家族4人往復で2万円ほどでした。
愛媛は風力発電が凄い数!素晴らしいです!ここは原発もあるけどやはり絶対自然エネルギー。

大分上陸してすぐ 食事も兼ね大分駅のJR商業施設で無料充電。高速50kW。
初の福岡スーパーチャージャー!場所はこちら。ホームセンターとドラッグストアがありますが近隣に食事ができるところが無いようでした。充電速度は爆速120kW。ですがさらにこれが145-150-200-250kWにパワーアップ予定。電池容量90kW/hまでのモデルは145kWまで既存の100kW/hモデルの車は150kW予定。今販売中のモデルS、Xは150~200kWまで対応予定。モデル3は250kW、来年あたりに出てくる新モデルS、Xも250kWになるでしょう。
宿は上天草の湯楽亭という旅館。なんと洞窟の温泉があるのです!
サービス、部屋、温泉全てにおいて良かったです。温泉マニア必見。充電器やEVコンセントなし。
途中に停泊した天草の湯島で、 舫いを取って頂いたヨットの方とお話し。熊本で少年海援隊というNPO法人を立ち上げておられます。なんと兵庫県高砂の「明石ヨット」におられた方で太平洋を横断されたとても穏やかな紳士でした。素晴らしいです!
ホンダ熊本インター店で無料40kW充電はありがたい。近隣にレストラン多数。イタリアンを食す。
震災復旧中の熊本城。夜になってしまいましたがライトアップされており若い方が大勢いました。

帰りのフェリーは9:30に港に到着したおかげで空いていました。

今回GW中にも関わらず全く渋滞に遭わなかったのですが、淡路の高速道北淡合流手前で12km渋滞のため手前で降りて淡路ICで合流。それから明石大橋とその先のトンネルで40km/hほどのノロノロ運転となりました。こんな時最高なのがオートパイロットで、やることなし!ですが運転監視義務は怠ってはいけません。

3泊4日1,465km 平均電費185 Wh/km。
本来連休8~10日間でゆっくり回るはずの九州の旅でしたが、前半天気が悪く後半に圧縮。そのため高速道路は可能な限り飛ばしたので通常運転なら170~175Wh/kmぐらいだと思います。5月の気候でエアコンを弱めにかけて私のモデルS70D( 70kWhバッテリー )は長距離だと飛ばして378km、制限速度+10km/hほどの通常運転で400~412kmという計算になるかと思います。
広告

電気自動車のしくみ

エンジン車に乗られる車好きがEVに興味を持ち始めましたことをヒシヒシと感じます。私がかなり前に作ったテスラについて 誰でも質問や書き込みできるテスラのページが盛り上がってきました。https://www.facebook.com/groups/796732587165659/
EVを理解したい方のために、電気自動車の仕組みとは?の動画が非常にわかりやすいのでシェアします。テスラの効率のよさの秘密もわかります。ただし2017年の動画なので、ここから2年近く進化した最近のモデルはさらに高効率化しています。
お詳しい方へ。私は素人で感覚的なものだけなので、、勘違いや間違いあればご指摘ください。<m(__)m>

テスラと最新EVとの効率を比較

最新のEVであるアウディe-tron、ジャガー i-Pace と比較して、デビューしてもう数年経過しているテスラモデルX90Dの電費効率が異常に良いことが、実証されてしまいました。これは問題です。モデル3やもうすぐ発表のYはもっと効率良いし、もうすぐもっと凄いSとXが出てこようとしているのに。やはり既存のメーカーには作れないのか。


https://nextmove.de/autobahn-test-tesla-model-x-beats-audi-e-tron-jaguar-i-pace/


動画はこちら

1泊2日東京訪問!1,313km

急用で1泊2日東京訪問しましたが、新東名全線でばっちりオートパイロットできました!ナビも分かりやすくなったし、もの凄く楽になりました。もう高速道路では98%オートパイロット。ほんと自分のだけ人間が運転していない(笑)
土日なのにスーパーチャージャー(浜松、お台場、御殿場、浜松)も結構ガラガラで本当にストレスフリー。2日で1,313km 燃料代0円、トラブル0。年明けてから2週間で2,841kmも走っています(笑)今月の燃料代は自宅充電の¥1,246円。電費はちょうど200Wh/km。64,131km

富士、伊豆へ 1,270kmの旅

新年あけましておめでとございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
休暇を利用してテスラで富士と伊豆へ行ってきました。1,270km 燃料代0円。
充電は、全てスーパーチャージャー!もう日本に20箇所もあるので余裕です。61,357→62,635km。

最近年のせいか少し体調を崩しており(リンパの腫れと頭痛。風邪?)その体調のままの旅行でしたが、テスラとオートパイロットのおかげで3日間1,270km走って全く問題なく帰ってきました。楽しかった!行ってよかったです。 ブログは無理なく数日かけて少しづつ更新していきます。

往路:うちのモデルS70Dでほぼ満充電ならば浜松まで無充電で行けるのですが、前日家で充電を忘れており83%からの出発となったため(笑)、出来たばかりの京都SCで45→78%まで26分だけ充電。そして浜松へ。着いたら残り4%。ちょっと調子に乗って飛ばしすぎ(笑)

浜松SC。4%→97%まで1時間15分充電。食事してたらあっという間です。お隣にはホワイトのモデルS。グレータービンが最高にクールです。 ここから精進湖まで妻に運転交代です。


きれいな富士山も見えてきました!うちは富士山大好き家族なのです(笑)

いい富士です!!最高にいい天気。

目的地の精進湖。夕方になってしまいましたが、きれいな富士山が拝めました。

息子がドローンで上空から。


初!甲府SC!6機あります。イエローハットとノジマ電気にあるとは!!
近くのインド料理屋さんで食事している間に40%→98%まで充電。。ナンが美味しかったけどカレーは今一歩。接客は完璧。この近くのホテルで一泊。
1日目、518km

早朝にまた精進湖に戻り日の出を撮影する予定が寝過ごし、逆光祭りに(笑)でも意外といいのが撮れてる。今回一眼忘れたので全部スマホ。ここのような結構なデコボコ道や深い雪道に入っていけるのも四駆&エアサス車高調付きなら安心と思います。今日は暖かい!!!

西湖で逆さ富士が撮れました。素晴らしい!

御殿場SCにてランチ。54%→97%

大涌谷で黒温泉たまごを食べて、伊豆のホテルへ向かいます。

伊豆はさすがに良い眺めです。夜はゆっくり温泉。

朝から子供たちはプール。私は一人、部屋のバスルームでくつろぎます。こんな景色の家に住むのが理想かなあ~

大好きな伊豆白浜海岸。この日は気温19度にもなり完全に夏のような気候でした。
本当は伊豆をもう少し楽しみたかったのですが、私の体調もあり、ここから帰路につきます。

帰りの浜松SCで夕食。ホワイトのモデルXと。3%→91%、1時間3分。ここから家まで320km一気に走ります。運転は妻に任せました。感謝!ご苦労さま。電費は白浜から浜松まで154 Wh/km、浜松から家まで 180 Wh/km と、驚異的な電費の良さ。

充電は、全てスーパーチャージャーで、京都SC→浜松SC→ 甲府SC → 御殿場SC→ 浜松SC。もちろん燃料費はゼロ。往復1,270kmの旅でした。
旅の行程の95%はオートパイロットでの走行です。オートパイロットが無ければ行く気になれませんでしたが、妻とテスラのお陰とも言えます(笑) ありがとう。

気温12度で回生制限

テスラは気温が下がると、回生ブレーキに制限をかけます。これはバッテリーを守る為なのですね。

今朝は気温10度でしたのでだいたいこれぐらいの回生ブレーキに規制がかかります。下は12度のとき。ディスプレイ右の丸いメーターは出力と充電のメーターなのですが、下の黄色い点線が制限のラインです。気温12度で制限がかかるようです。

乗り味の変化としてはこれぐらいなら一般道ではほとんど感じられませんが、飛ばすと少し弱いかなという程度です。それも15分ほど走行しバッテリーが温まればすれば解除されます。

モデルXで長距離

IMG_56682代車のモデルXで長距離を走りました。今回は京都、鳥取方面へ高速道路含め500kmほど走破。
最初にモデルXという車を私自身、かなり侮っていました。これは高速で長距離を移動するための最高のツールだったのです。試乗しただけではわからないこの車の魅力を再発見しました。

乗り心地が良い:一般道では少しハードな乗り心地も、高速では一転、ものすごくしなやかなフィーリングを見せます。22インチの大径ホイーと35偏平タイヤとは到底思えない乗り心地です。運転感覚は車高が高いせいもあるのか見通しがよくスピード感がありません。実際には結構なスピードが出ているのでこれには注意して走行しないといけません。

ハンドリング:実はこれが一番びっくりしました。モデルSと遜色ないと言ってもいいでしょう。同じハンドリング性能です。低重心というのはSUVをもこんなにも変えるのだなあと感じます。今までアルファード、エスティマ、ハイエース、セレナなど乗りましたが、モデルXのハンドリングは、SUVのハンドリングどころかポルシェのハンドリングです。地を這うようにコーナーを回っていきます。SUVとしては驚異のコーナーリング性能だと思います。
まず重量があるし正直ファルコンウィング含め結構重心上がっているのでどうかなあと思っていたのですが、予想を覆す性能でした。車高を最も低いVeryLowに設定すると更にハンドリングレスポンスが良くなります。アライメントの変化と更に重心が下がることによるものと思います。

静粛性:唯一、一般道の静粛性のみ少し不満でした。2列目と特に3列目で聞こえる音が結構気になりました。加減速時のモーター音とタイヤのパターンノイズがあります。しかし高速道路では不思議と風切り音にかき消されて気になる音量と音質ではなくなります。高速道路ではモデルsと比較しても気になるレベルではないと感じました。モデルSが明らかに他車と比較して静かすぎる訳で、Xの3列目はモーターとリアタイヤのすぐ上に座っているわけですし改善は難しいのかも知れません。この代車は2017年11月登録の廉価版75Dですので、これより後のモデルやPモデル等は何らかの改善があるのかも知れません。

オートパイロット:AP1とAP2の現時点での違いは非常に興味深かったのですが、高速道、一般道共に現在ほぼ同レベルと言っても良いと思います。AP2の方が遠くの車を認識はするのですが、ブレーキが早いわけではなく、カーブを曲がっていく精度も今はちょうど同じレベルと感じました。このXはどうも一般道の交差点で左に行こうと急にハンドルを切るので何度もドキッとさせられました。この車両は調整が必要かも。停止車両を避けてくれたことが何度かあったのですが前車追従したケースだったのでこれは特にAP1と変化無しと感じました。アメリカのように工事現場等のコーン認識は日本はAP2でもまだしないようでした。
また自動駐車時はAP1は障害物のみの認識。AP2は日産プロパイロット同様白線も認識して駐車していると思います。これだけでも凄い進化かも。 これは私のモデルSが帰って来次第確認します。共にファームウェアは2018.32.4。 今後はどんどん差がついていくのでしょう。AP2以降は主要なハードも交換可能なようですし素晴らしい設計です。今後が楽しみですね。

航続距離:このモデルX75Dは22インチ大径ホイールを履いていることもあり、充電満タンの航続可能距離はカタログ値は417km(NEDC)あるのですが、この車両は標準値324km、定格値404kmで、(私のS70Dはカタログ値442km(NEDC)、納車時368km/468km)、一般的に1充電で300km走行できれば一般的な使い方はもちろん、たいていの長距離も問題無いかと思いますが、やはり長距離をよく走るとなると、充電も速く 565km(NEDC)走行できる100Dが無敵ですね。
スーパーカーの加速をするP100Dは狂気の高速移動SUVでしょう(笑)これぞ全部入り超贅沢SUVです。

最後に、この巨大なEV、1週間を過ぎ返す頃になるととーっても愛おしくなってしまいました。ずんぐりしたルックスも、なんだか可愛げがあるのはないですか(笑)モデルSは隙のないモデルさんのようなシャープなスタイルなので余計にそう感じられるのかもしれませんね。
ファミリーカーとしても最高です。お客さんを乗せるのも話のネタがたくさん(笑)。モデルSとは逆で機能性には隙がありません。本当に色々と使える優秀なEVでさすがテスラと言わざるを得ません。
ちょっと、これはモデルX 100Dなど余裕があれば欲しいところです。

テスラを車検に出しました。

ちょっと早めにテスラを車検に出しました。代車はモデルX 75Dです。車検費用、明細の他、AP2、SとXの違いなど、どんどん書いていきますので楽しみにしていてください。

車検費用:引き取りの翌日に簡単な明細のお知らせを頂きました。車検整備代36,000円(車検点検整備と、ワイパー、エアコンフィルター、キーフォブ電池等の部品代、工賃込み)+車検代行費用39,000円の合計75,000円です。全て税込。「安い!!」
私は昨年2年点検をパスしたので、本来2年毎に交換する
エアコンガス交換、ブレーキフルード交換もしたのですが、これが本来2万円弱とのこと。エアコンガスは、バッテリー冷却にも使用しているので、通常の車よりも早めの交換ではないかと思います。
他に、自賠責保険25,830+印紙代1,800=27,630円、重量税は免税です。
車検終了後の実際にかかった詳しい修理明細はこちらで。

モデルXの印象:
Xを運転するのは、日本に入ってきたときに乗った左ハンドル90D、そして先週乗った試乗車75Dの3度目なのですが、Xを乗った印象は、やはり「デカい」です(笑) しかし運転してみると、Sと同じような感覚で運転できるのでこれはすぐに慣れますね。後ろに座るとあ~快適~。これは殿様気分ですね~。X75Dは私のS70Dと同じような加速感です。充分速いです。スピード狂の私が言うのですから大丈夫です(笑) Xは電費が少し悪いので長距離が多い方は100Dですね。スーパーカーをお持ちの方や150km/hからの加速を楽しみたい方はP100Dしかありません。

乗り心地と静粛性:今まで乗ったXの20インチ標準ホイール車と比べて、この22インチ車は乗り心地良く、タイヤのノイズも比較的静かで快適。正直これだったら乗り換えてもいいかなと思いました(お金があったらの話です、、笑) ですが、モデルSの異常なまでにし~んとした静粛性には及ばないと感じました。Xは特に後席の静粛性が欲しいところ。3列目は更にモーター音にタイヤノイズが加わり結構賑やかです。
モデルSも21インチ車は乗り心地がいいのですが、これは恐らくミシュランなどの高価なタイヤを履いおり指定空気圧も低めだからだとは思います。このモデルXのタイヤはグッドイヤーのイーグルという懐かしいブランド?のテスラ承認タイヤでした。

自動ドア:やはり自動ドアは便利ですねー。ただ運転席と助手席のドアが自動で閉まるときに勢いよくガチャンと閉まるのだけが気になりました。車外からは感じませんが中に乗っているときだけ感じます。音の問題かも。せっかくイージークローザーが付いているのだから静かに閉まって欲しいですね。今後のアップデートで少しは優しく閉まるようになるかも知れません。
感動するのは、クルマに近付いたらドアが少しだけ開いて、更に近付くとふわっと開けてくれる。これが凄い!!もちろんセンサーで壁や隣の車にぶつかることはなし。そしてブレーキ踏んだらドアが閉まるという。。これに慣れたら今後の人生でドアノブ触るのが嫌になります(笑)近い将来は全ての車が間違い無くこうなりそうです。

ファルコンドア:息子を駅まで迎えに行っておもむろにファルコンドアを開けてウェルカムしてみましたが、やはり「ちょっと恥ずかしい」そうです(笑)。やはりそうですよねー。注目度高いです。でも慣れれば大丈夫!!

オートパイロット:オートパイロットは、すごく遠くの車両も認識してディスプレイに表示するので驚きました。ブレーキング自体はAP1より少し早いような気がしますが遅いときもあり同じような印象です。
一般道を走った印象としては、この車両はハンドルの挙動がちょっと落ち着きがない印象でしたが、ちょうど今、AP1とAP2が同レベルになったような気がします。ファームウェアは同じです。
今後AP2はナビと連動して高速インターを自動で降りてくれたり、信号を認識して停止、スタートしてくれるようになるのだと思いますが、それはいつの話になるのやら…。日本はまた世界で一番最後まで認可しないのでしょうね(笑) この時のように。
週末は高速に乗って遠出すると思うのでまたこちらに書きます。

高速道路上でバッテリー0%に!!!

お盆休み中の移動時に、高速道路上でバッテリー残量0%、走行可能距離も0kmになってしまいました。御殿場スーパーチャージャーに向かう上り線で上り坂が続いたため、なんと目的地の7kmも手前で充電が0%に。いやあ焦りました。私も助手席の息子も大パニック!(笑) 今まで約3年間で3kmほど残して到着したことはあったものの、ゼロは初めてでした、ゼロは。。。
高速では70~80km/h、高速降りてからは40~50km/hで、時間にして約5分間ほどゆっくり走ったらなんとか辿り着いたので結果オーライでしたが、、東名御殿場上りは皆さま気をつけましょう!!
焦っていたので画像はこれしかありません。。。
私のモデルSは残量0%から約7km、走行可能距離0kmから4.15km走ったことになります。
テスラの方より、「実際ゼロになったら止まります!」と言われていただけにヒヤヒヤでしたが今回だけはラッキーだったのかも知れません。56000km。

IMG_2284 (1)2.jpg

クリップボード0133

クリップボード01225.jpg

IMG_5031

御殿場スーパーチャージャーに無事到着し、0%、0kmからの充電は全く問題無しでした。0kmからの充電は最初は恐ろしくゆっくりでしたが、99%で348km。恐らく満タンで350km、レンジモードONで恐らく353km、70D新車時の367km、5月4日時点の356kmからはだいぶ減ったので、今後max80~90%ぐらいで差しっぱなしのバランス充電を心掛けてどれだけ改善するかも楽しみにしておきます。納車3年6万キロ弱のバッテリー劣化率が3%か4%かというところなので様子を見ていきたいと思います。
もしかしたら、この夏の猛暑の影響を受けているのかも知れませんね。全て標準値の数値。定格値ですと前回5月4日時で451km
しかし他のEVのようにバッテリー温度によって急速充電を受け付けなかったり速度が落ちたりすることはなく、温度管理の優秀なテスラのパナソニック製液冷式バッテリーの効果が乗れば乗るほど発揮されるのだと思います。

テスラで1,500km春の旅

桜満開の春、仕事で明石から東京へテスラで行ってきました。

10日前に開通したばかりの新名神を通りましたが、道路も走りやすく景色も綺麗で山桜が美しかった〜。トラックだらけの鈴鹿の渋滞を抜け新東名へ。年度末だからか9割近くがトラック。案の定車線を塞がれ90km/hで走行。私はオートパイロット付いてるからまだ良いが、これは一般車の皆さんシンドイでしょう。マナーの良い方も大勢いましたが、半数以下かなあ〜
一人だけ気持ちよくぶっ飛ばしてすみません…。
新東名も新名神もでき道路は増えたけど、トラックだらけで走りを全然楽しめませんね。夜だから?最近は昼間もこうでしょうか? 逆に飛ばせなくて安全だったりEVだったら電費が良いが(笑)

日本の物流これで良いのかとか、命がけで積荷を運ぶ運転手の辛さとか、ここにビジネスチャンスはないのかとか色々考え過ぎて眠れない、充電満タンから家を出て343km、残り5%から、浜松で充電。#tesla

初戸塚。この子は覚えていて車高が上がります。テスラの日本国内の全ての車両は、一旦横浜戸塚工場で整備されるのです。工場に来て車高を上げるのは、積載車から降ろすときや充電時に下回りが車輪止めに接触しないようにする為でしょう。

いくつかの仕事を終え、パレスホテルで充電中に皇居で桜見物。とてもいい天気でした。
実は皇居内に入ったのは生まれて初めて。とても美しいところでした。その後お台場と横浜で用事を済ませ西へ。

初の御殿場SCではなんと目の前の富士山を見ながら充電とはすばらしい!感動しすぎて画像がない!(笑)。。その後箱根。寒いです❄️ が、気持ち良すぎ🌸
実はモデルS、箱根のワインディングロードをもの凄いペースで走ることができるのです。
この日はロータスエスプリ(懐かしい…)やリッターバイクたちと遊びました(笑)
ターンパイク、大観山から伊豆スカ亀石へ。伊東の道の駅で昼食。伊豆白浜からループ橋を渡り、また浜松へ向かいます。途中眠かったので、東伊豆町役場で昼寝しながら30分無料30kW充電。。(30kwだと50kmぶんしか走れませんが無料ですから…テスラ充電器SCスーパーチャージャーは120kwなので30分で200km以上です)

伊豆から浜松は混んでいて夕方到着。充電と夕食後7時前に出発し夜10時前帰宅。帰路は電気が余ったため飛ばしました(笑) (飛ばして平均時速100km/hを超えていても電費187Wh/km、空力に優れ軽量なモデルS70Dの電費は素晴らしい。Image3

70kWバッテリー車ですが高速でかなりのハイペースでも374km走ります。オートパイロット100km/hセットの巡航なら420km以上走ります。ちなみに電費の悪い21インチタイヤでの数値。
昨年10月鳥取大山から帰りの高速道路で平均時速75km/h122Wh/kmを達成していますので、高速道路で条件がそろえば1チャージで577kmも走行することができる車なのですね。

今回4日間の走行距離1,498km、充電代¥0。
凝縮された週末でした。忙しい中会ってくれた方々ありがとう😊 たまたま桜のシーズンだったので関東の桜を楽しめて良かった〜。あと5人ぐらい会いたい人いたけど次の機会に必ず!

今朝の気温8度だとこれぐらい。

寒くなって来ました。今朝の気温は8度。13度のときとはやはりイエローの点線が多いですね。

JAPAN EV Rally 2017 in DAISEN

EVラリー 鳥取大山に行ってきました!http://daisen2017.jevc.gr.jp/
残念ながら雨でしたが、EV30台、テスラも愛知、山口、広島、岡山、兵庫から6台集まり、紅葉も素晴らしく!凄く楽しめました。2年前に山口でお会いしたP85DのYさんと再会!やはりグレータービン&レッドキャリパーはかっこいい。

蒜山PAから岡山SCまでの108.9km区間で、120Wh/kmの電費でした。しかも気温16度、ずーっと大雨の中です。凄い! ナビで-3%の予想だったのでちょっと無理かなと思ったのですが、結局着いたら+3%でした。3%ぐらいは余裕みてる感じかも(笑)
岡山SCのEdionで小一時間マッサージ機を体感(笑)これは有り難い。

来年もまた参加したいですね!今度は晴天なら登山もしたいです。

今回自宅から充電残量70%、251kmからの出発だったのですが、30台が一斉に集まるとのことで充電は早めの方が良いかと、EVラリーらしく(笑)途中無料で充電出来そうな所を息子がナビゲートしてくれ(実は今月から充電カードがないので…)、岡山県の真庭市役所に充電に立ち寄りました。50kW、120Aで最速!しかも1時間の無料充電。非常にありがたかった!充電中は近くに尋常小学校があり見学してきました。映画の撮影でよく使われる場所だそうです。

ここで21%から67%まで充電させて頂きました。実はこちらで充電中のi-MiEVにお乗りの笑顔が素敵なご夫妻と出会ったのですが、お気遣い頂きすぐに充電を譲って頂きました。お伺いしたら岡山市内から来られなんと偶然にも同じEVラリー参加とのこと。
お陰で予定通り11時前の10:57に40%で到着。いつもは譲る立場なのに本当にありがたかったです。

帰りの蒜山SAでは後ろから来られた同じくラリー参加者のリーフさん(ステージでFCVについて爆弾発言をされたあのお方!笑)に充電を譲り、食事をして岡山SCを目指したのでした。
ということで今回の532kmの旅の2回の充電代はゼロ。今回30台ものEV、PHVが来るのでどうなることかと思ったのですが、全然大丈夫でした。
そういえば岡山、鳥取には無料充電器がいっぱいありますね!兵庫は非常~に少ないです。

Img_18383.jpg

 

西日本の無料充電器

B881DFAB-2784-405F-9573-8FE19C26BF79

東日本の無料充電器

Image5.jpg

寒くなりました。充電制御のこと。

今週から寒くなり、朝の気温が13度ほどに。私のテスラは回生充電の規制がかかるようになりました。おそらくバッテリー温度が15度を下回ると充電を規制する仕様なのだと思います。

テスラはバッテリーの寿命を上げるために、バッテリーの温度管理が凄いのです。寒い時にはバッテリーが温まるまで充電の入力を規制し大きな電力が入らないようにしバッテリーの負担を減らしています。画像の黄色い点線がその印です。気温が0度以下になると更に規制がかかり回生が効かなくなります。

こうなると、運転した際に回生ブレーキの効きが弱くなるのです。意識し気をつけて運転しないといけません。これはバッテリーを100%近くに充電した際も同様で、ほぼ全ての回生充電を規制するため、ほとんど回生ブレーキが効かなくなりますので注意してください。

【追記】ただし、冷間時の回避方法がありまして、レンジモード(エコモード)をOFFにし、出かける30分~1時間ほど前から充電しておけばバッテリーヒーターが作動し回生の制限はなくなります。ただし100%近くまで充電するとまた制限されるので、毎回出かける直前に充電(ただし90%位まで)するようにすれば真冬でも回生制限がかかることなくお出かけできると思います。

F1740E91-8433-4DB4-BAD4-D779053BFCAB.jpeg

【追記】冷暖房の出力: レンジモード(エコモード)OFF=6kW、ON=3kWとのこと。
加えてデュアルモーター車は、レンジモードONでフロントを中心に駆動します。

スキー場へ

今日は猛吹雪のスキー場で大活躍。こいつはアウディより使える。5人分のスキーと荷物が本当に楽に積め、フロントトランクに全員分の嵩張るブーツ収納。自動運転だし、アイスバーン下りは四駆の4輪回生ブレーキのお陰でアクセル踏み加減ひとつでコントロールでき制御も絶妙、ワイパーデアイサーやウオッシャーヒーター付寒冷地仕様だし、真冬のスキー場往復でも電費は標準値より良いし充電無料。車高はランクルばりに極高になるし(笑)高速はローダウンだし。ほんと言うこと無し、凄いなこいつ。1点、ボンネットの雪が熱源がないゆえ高速走行中でもなかなか溶けずずーっとウィンドウに飛んでくるのはポル911以来の経験で笑えた。。
まだ経験してないけど夏の海水浴やキャンプなんかでも涼しい顔して絶対使えるんだろな、こいつ。

往復263kmで電費186Wh/km。気温 -7~5度。
何度も言いますが私は全然エコ運転ではありません…乗る度に全開加速を楽しんでいます。まず料金所出たら全開です(笑)が、好電費は距離にして90%を超える自動運転手さんのお陰かも知れません。。
これぐらいの日帰りスキーは充電の心配が全く要らないので使いやすいですね。

納車4ヶ月

大阪から自宅に帰って来たら偶然ちょうど1万キロでびっくりした!!。納車4ヶ月弱。
自動運転で80-110km/hで流れに乗って高速道路走るとちょうど定格値という事が分かった。70Dでも冬440km走る。気温5度、レンジモードoff、エアコン19度。大人しく走ると電費こんなに良いのですね…。夏になればもっと行ける。
自動運転は半月ほど経つが高速道路は自動運転でないと不安になって来た。自分の運転に自信が無くなってきた(笑)
高速道路は任せた方が絶対事故は減る。確実に。

自動運転で仙台へ

12553033_1648778478743195_2156042472822084405_n

大丈夫か、自分? 11時間+充電時間&睡眠時間やね。日本海側は35分早い?けど雪だよね…
果たして辿り着けるか?
日本初の自動運転を試す良い機会になりそうです!無事故無違反で帰って来ます。

12510292_1648996592054717_6437442745761106851_n

いらっしゃいました。用事を済ませてインストールします。時間は1:40って書いてあります。誰だ5時間つったの…(^^)
本日1/15 、日本でようやく自動運転の歴史がスタートしました。今日は各メディアの発表があるかと思います。

インストール完了。自動運転でちょっと走ってきましたが凄いの一言です。イーロン、テスラの皆さんの偉業です。これで長距離も全く楽になります。これで間違いなく事故は減ります。
速度標識は今のところ100%認識し驚きです。一般道では制限速度の+10km/hまで自動速度調整してくれます。車線が認識される道路ではカーブに合わせ自動でハンドル切ってくれます。分岐とか交差点ではまだちょっと恐い場面もありますが。。自動学習するので乗れば乗るほど賢くなるようです。
現状、高速道路ではほぼ完璧に動作するのだと思います。
あとはウィンカーレバーの操作で自動車線変更も可能です。
クルーズコントロールの質も上がっておりやさしい運転になりました。

出発!!

12552727_1649255348695508_6617648251734456939_n

高速での自動運転は完璧です。綺麗にカーブ曲がってくれます。
外気温2-4度、エアコン20度設定で電費182-191Wh/kmって素晴らしい。飛ばさなければいいのね〜(^^)
ー 場所: 名神高速 草津PA

今回の旅は楽です〜
結構飛ばして。。でも190。V7.1冬の電費は良い。暖房効率が格段に向上した感じです。外気温4度、暖房21度設定で損失1.5-2Aとか凄い。
刈谷やはり40kW弱しか出ていない
ー 場所: 刈谷PA

10320512_1649544001999976_7492672365958733545_n

まだお台場。やっちゃいました爆睡大遅刻。。すみませんm(__)m
のんびり観光して帰りまーす
ちなみにここお台場SCで自動の直角駐車出来ました!めちゃくちゃでしたが凄い ^^;

仙台無事到着!956km、95%自動運転でした。
結局10台以上ありましたね。行動的なオーナーさんや優秀なテスラの方々とお話できて良かった〜!国内初、自動運転の感動は一生忘れられないものになりました。皆さんお疲れさまでした。
これから温泉にでも行ってきまーす。

 

12510347_1649903885297321_6240128163739476866_n

帰路に。ここは見晴らしが最高です。新東名・駿河湾沼津SAにいます。

 

12548929_1649972455290464_379083177611335728_n

只今仙台より無事故無違反で神戸に帰ってきました。
1/15 自動運転アップデート後、3日間で1900kmほど走行。
98%自動運転で高速では合流と分岐のみ手動です。
使い方がわかってきてとても信頼できるようになりました。
疲労感は世界中のどの車よりも最小限です。本当に凄い!
予想を遙かに超える機能でした。正直ここまで使い物になるとは驚きでした。これは明らかに、完全に自動運転です。
運転しながら景色も楽しめるし車内での話も弾みます。過信は禁物ではありますが、まるで運転手付きの車を買った感じです。
この素晴らしい歴史的な体験を息子と過ごしているんだと実感しながら帰って来ました。
日本の技術もピースは全て揃っているはずです。特許はそれは沢山有るでしょう。1日も早く人類の明るい未来に革新をもたらしてくれる事を願ってやみません。

12573000_1650192375268472_7050269400262888100_n.jpg

カート・ケルティさん、ニコラ・ビレジェさん、テスラオーナーの皆さん

1450kmの旅

関東方面へ1450kmの旅。富士があまりに綺麗だったのでテスラで4合目まで登ってきた。下りでは回生ブレーキで数十キロ走行分を自己充電するのが面白い。
本当に全く疲れ知らずで凄い。間も無く開始の自動運転で更に。
ただしやはり長距離では充電が面倒〜。最速のチャデモ充電器50kWを選んでも。テスラ充電器国内30カ所があれば本当に無敵のクルマ。

今回の電費は気温-3〜15℃ほどのなかスタッドレスで相当飛ばしてエアコン21℃、シートヒーター4席付けっぱなしで216Wh/kmと上出来。長距離の電費は素晴らしい。飛ばさなければ冬場でも十分200切る。

1412440_1645254135762296_6700049032334714203_o

スーパーカーの日

昨日11/1は、スーパーカーの日だったのですね。
どおりでレアな車が多いと思いました。私が初めて買った車トヨタ ソアラとの2ショットは嬉しかった!もうすぐ30年!!(^_^;
実はソアラ以来、人生2度目の新車なのです(笑)中古ばかりの人生でした….
最初と最後?だけ新車(笑)スーパーホワイトハイソカーブーム懐かし~、今も何も変わっていません。
昨日の一般道での電費。普通に走って127Wh/kmとか出るから凄いと思います。この調子で走れば550km走行可。
トータルで166Wh/kmなので421km。70kW廉価モデルももかかわらず、400kmは普通に走る車です。
電費の弱点は、高速のぶっ飛ばしと、冬場のちょい乗りということがわかってきました(笑)

納車2週間

納車2週間で感じたこと。
利益を出すための商材ではない、作り手の誠実な使命感が強烈に伝わって来ます。第一にコスト度外視で「本当の」安全性能に重点を置いています。しかも日本車のようにプロモーションや宣伝で安易に語りません。
Lexus LSや二重ガラスのAudi S8よりも更に厚い窓ガラスにも度肝を抜かれます。
ブレーキはブレンボ、サスはビルシュタイン、シートはレカロ、全く表には出ませんがひっそりと欧州レーシングブランドのオンパレード。
足回りやシャーシー、マルチリンク部を見れば高コストなのがうかがえます。見えないところに重点を置いているので、テスラの内外装はかなりチープな印象さえします。客に媚びないスタイルは日本車とはまるで逆の作り方。本来のおもてなしとは何だったのかと考えさせられます。
要のバッテリーは我らがパナソニック製で、製造はもちろん使用時の温度管理等にも優れ、世界最高性能&安全性で保証も充実しており自信がうかがえます。
極少量生産のコンセプトカーを普通の価格で売っている感覚は試乗時からしていましたが、所有してその数倍に感じられます。
本当におもしろい車。これは超お買得車でしょう。
この車に乗ることができて幸せです。オーナーさん皆笑顔です(笑)

ただ乗り方というかコツがありますね。
要注意点として、
1,充電に時間がかかります。
2,1日に4〜5km走行分の電力消費があります。
これだけは覚悟しないといけません。この素晴らしい車に乗るためのたった2つだけの試練。
1の充電はテスラ爆速充電器スーパーチャージャー(120kW、30分充電で270km分)がまだ日本に少ないこと(年内あたりに数箇所増えるとか)と、高速道路や街中の充電器でも速い充電器50kWは30分で100km分ほど(日産44kWは約80km分)走ることができますがまだ遅いです。年内にも100kW充電で30分で200km走ることが出来るチャデモ充電器を国が計画しているそうなので期待しましょう。これが普及すると助かる!!

2の電力消費は最大エコモード(エコモード&ネット常時接続無し)にもかかわらずこれです。冬になったらバッテリーを暖めるためもっと増えるとか。真冬にまた報告します。
がしかし、リチウムイオン電池で1日1%の消耗は当たり前。乗車時はスリープからすぐ目覚めるし常時接続無しでもアプリから1分でエアコンかけられるので、考えたら少ない方です、よくがんばっています。しかし車と考えると100Lタンクで毎日1Lづつ減ったら大変なことです(笑)。これには乗り手の意識改革が必要です。

上記の事を物理的に理解できない方、受け入れられない方はEVはまだ早いです。たぶん熱狂的車好き以外の方です(笑)

試乗したら欲しくなるので、心底車好きの方は要注意です。
今後もその都度感じたことを書きますね。

標準値368km、定格値468km

当方のテスラ モデルS 70D を94%まで充電すると、標準値で346km、定格値で440kmと、走行可能距離が変わります。私の元気Fun走行!では標準値ですが、標準値で意外と遊べます。かなり飛ばしてもほぼ標準値です。
高速道路を80~100km/hでクルーズするだけでしたら定格値ですね。平均時速40km/hぐらいの連続一般道走行では125kW/kmほどでしたので、500~550kmほど走れる感じです。

100%だと標準値368kmと定格値468kmが70Dの基準だと思います。(190kW/kmと、150kW/km)

私のは電池容量70kWh廉価モデルですが、今は90kWhも選べます。定格値560kmぐらいになるのかな?
恐らく年々容量アップしていくのだと思います。