テスラEV時代のスタート!?

9efbb30a29718e02694f5e465856b03f
forbesjapan.com
誰もが見誤ったテスラの実力 最新決算でついに明らかに
テスラが支配する自動車業界を予測する理由

イーロンマスク、テスラ関係者、テスラオーナー、そしてなんとなくテスラを予約しちゃった世界中の人たち(笑)の思い通りのシナリオになっていくのを日々感じます。世界が変わっていくのを皆で楽しみましょう。

過去にもあった、ラジカセからウォークマン、紙媒体からインターネット&PDFやEメール、アナログ回線/ISDNからADSL/光ファイバー、CDからiPod、ガラケーからiPhoneやスマホ、そして携帯i-modeから3G、4GLTEそして5Gなど、同じような変化と思います。しかしこれはそんなことよりもかなり大きな変化です。
徐々に世界を良くしていこうという志のもと皆が賛同し着実に進んで行っているのだと思います。
まずは試乗するとその時代の変化が感じられると思います。
私のでよければいつでもご試乗どうぞ。

広告

テスラパーツカタログ

テスラがパーツカタログを公開しました。モデルS,X、3もあります。https://epc.teslamotors.com/#/catalog

ちなみに以下スケルトン画はモデルS、デュアルモーター!tooling-catalog.a3a5abc0.png

Lexus LC500

神戸SCの駐車場に止まっていたLC500、凄く好きな車の1台です。
1年半前に一度試乗したけど、デザイン、インテリアが特に良かった。なんだかこう、とってもワクワクさせてくれます。リアスタイルがポルシェみたいにきれいだったら最高のクルマかなあ。試乗したときに感じたのは、テスラと比較して非常にレスポンスが悪く遅い車だったことだけが悔やまれました。
この車がLSではなくテスラのプラットフォームを使っていたら、どんな素晴らしい車、そしてテスラ、トヨタ、パナソニックの最強のコラボになったか、ついつい夢を見てしまうのです。このLCにエンジンというものが似合わないと思うのは私だけ?
もしそんな車ができたなら、私が19才の頃ソアラに憧れて東京トヨペットで一生懸命貯めた頭金でローンを組んで20才の誕生日に私にとって初めての車を納車してもらった当時の感動を思い起こさせます。起業で成功した日本の若者も飛びつくのではないかな?

3年半前のテスラモデルSは、私にとってそんな感動を思い起こさせる1台でした。テスラはデザインや先進性だけではなく、そのパッケージングも素晴らしく、このデザインで大人5人乗ることができ更に+2の子供用シートも追加可能、そんなフル乗車状態でもフロントに結構な荷物が積めるという、EVにしかできない信じられない居住性、積載性に加え、世界最速の1台であり、しかもそれが究極のエコカーであり、各種補助金に加え維持費が非常に安価なことも当時革新的でした。モデルS発売の2012年から今まで6年も経った現在でもライバルと呼べる比較の対象になる車は存在しません。モデルXとモデル3も恐ろしいほど凄い車です。来年のポルシェのEVタイカンにも期待したいところです。
12182486_1625028257784884_604629743992916199_o

ホワイトが大好きな私ですが、LCに関しては、ホワイトじゃないんだよなあ~と個人的に思います(笑)この車はオプションの21インチホイールではありません。

IMG_6253

LCのオプションの21インチホイールがこれまたかっこいいんです。私のアラクニッドホイールもこんな風にポリッシュとブラックで塗り変えようかと妄想してしまいます(笑)

cropped-img_29603.jpgImage1

2018/10 新しい紹介プログラム(再更新)

新しい紹介プログラムが始まったようです!
こちらの紹介リンクを使うと、新車のModel SまたはModel X購入時に6ヶ月間無制限無料のスーパーチャージャー利用クレジットが適用されます。http://ts.la/kenji7938
(数日前に¥12,000分から半年無料に更新されました。納車から半年間使い放題です)
米国ではモデル3注文時にも適用されますが日本はもう少し後ですね。

オーナー特典はシークレットレベルに達すると、Newロードスターファウンダーシリーズ(ロケット付き?笑 2,840万円 https://www.tesla.com/jp/roadster )の割引です。とても高くて買えないですが、ちょっとだけでも夢を見させてもらいますか(笑)しかし、おもしろい会社だなあー!

今日で3年が経ちました。

IMG_6255今日はテスラ モデルS納車からちょうど3年の日。記念に家族でドライブに。
58,552km、3年間事故やたいした故障もなくよく走ってくれました。エコで速くエレガントで安全で運転しやすくオートパイロットで長距離も渋滞も楽で、結果幸いにも3年無事故無違反でしたので、初期投資がどんどん回収されていきます。

正直アメリカ製のEVなんてダメかな?飽きるかなと思っていましたが壊れないし飽きません。アメ車といえば昔友人が乗っていたコルベットのポンコツなイメージでしたが、テスラはシャシーや足回りはドイツ車のようにがっちりしていて、エクステリアとインテリアはイタリアっぽい色気も感じます。EVの心臓であるバッテリーは日本製なので理想的なのですね。 時代は一気に変わってしまいました。
イタリアのデザインでドイツの足回り、エンジンは日本製みたいないいとこ取りでしょうか。モデルXやモデル3はより完成度が高くなっていますし、これからの新型モデルSなども楽しみでなりません。

クルマ選びはもうテスラ以外は論外になります。モデルX買い替えも考えましたが、やっぱりスタイリッシュなSかなと。でも増車なら欲しいですね、X!2台持ちできる方が羨ましいです。
維持費は本当に面白いくらいかからないです。ガソリンとは比較にならないほど電気の方が安価ですし、車検も超格安、保証も4年8万キロ付くし、モーターとバッテリーに至っては8年間しかも距離無制限の保証があります。トラブル時は積車で代車と引き替えに来てくれるし、サービスや保証面も考えてもやはりこれは買いで間違いありません。

購入時に一番気になっていたバッテリー劣化率も3年で3.5~4%といったところです。5%以降は緩やかな劣化カーブを描くらしいので、8年20万キロ乗って、通常90%ほどの容量を確保できると一般的に考えてよいのではないかと思います。その間に何か問題があれば交換して頂く事ができますし代車はテスラなので、これは安心できると思います。これは末永く乗りたい車です。
飽きっぽく浮気性なので、テスラのHWの変化や中古車情報などいつもチェックしている私ですが、、
もしかしたら私、この車を一生乗り続けて死ぬまでこのブログに書き綴っていくのかも知れません(笑)

今後ともどうぞ宜しくお願い致します

木更津スーパーチャージャーオープン!国内19カ所目

本日9/29(土)、国内19カ所目のスーパーチャージャーが千葉県木更津市にオープンしました。
アクアライン降りてすぐ!6機あります。 30ヶ所まであと11個所!日本のテスラの方々、どうか頑張ってください。

場所は、マライカ BAZAAR 木更津店 https://goo.gl/maps/ozP49MLyqw72
〒292-0009 千葉県木更津市金田東1-14-1

https://www.tesla.com/jp/blog/jp_kisarazusupercharger

車検終了!

車検終了です!2週間ぶりに無事にうちの純白Sが戻ってきました。しかもとっても綺麗になって。ボディはもちろんホイールの内側までピカピカ これは普通ではないですよね、ありがとうございます!
代車のモデルXは2週間楽しませて頂き、運動会代休の息子と共に、感謝を込めて洗車と車内掃除してお返ししました。
2週間ぶりに再会した久々のモデルSは、Xに慣れてしまったせいか、スーパーカーのように車高が低く、コンパクトでカッコ良く感じて、また惚れ直してしまった(笑)
納車3年で58,100km、まだまだ走りますよー!!

 

車検の整備内容は、通常車検整備の他、そろそろ交換かなと思っていたモーターはまだまだ大丈夫なようです。ブレーキはタッチ改善のため今回フルード交換とパッドグリスで対処して頂きました。ヘッドライト雨天時曇りのため片側のみ無償交換しました。テスラのメンテナンスはメンテナンスプランのページが詳しいです。タイヤは(F:53,294km/R:50,900km時交換、ぞれぞれF:4,806km/R:7,200km走行)残り溝全て6mm、ブレーキパッドは3年58,100kmでいて残り8.2mmはさすが。

車検費用:
車検整備代36,000円+車検代行費用39,000円=75,000円に、
自賠責保険25,830+印紙代1,800=27,630円の、合計102.630円でした。
整備代の請求は、メールアドレスにpdfファイルで整備明細と請求書が来て、メールのリンクをクリックすればカード決済画面に。カード番号等を入力して決済完了。本当にスマートです。

今回まで重量税は2回免税。次回5年目の車検から2t超え(2080kg)なので恐らく2年で25,000円かな。自動車税は毎年29,500円(東京都と愛知県は5年間ゼロ円だと思いました。いいなあ~)

自分で車検場に行けば39,000円節約でき63,630円となるが、比較的安いので任せても良い。
次回はEVの車検検査がどんなものか自分で行ってみたい。
以下の整備も自分でやれば自賠責と印紙代だけになる。が、部品代(ワイパー、エアコンフィルター、ウォッシャー液等)がかかるのと部品代と作業代全て込みで36,000円と安価なのでこれは任せたいです。

Image10.jpg

自動車保険の詳細はこちら。
2018年9月現在、(19等級ゴールド)
●三井住友海上 車両770万= 112,600円(新車特約付)。今年は値下げ!新車特約最後?
次回は念願の20等級!無事故、ゴールドでがんばれますように。 車両料率クラスは8のまま。8-4-4-4
ちょうどモデルSとXを乗り比べができたので、それぞれの個性を覚え書き。

  • モデルXの個性
    Xは背が高く乗り降りしやすいしアイポイントが高く周りの視界もよいので運転しやすい。車内が広い。ファルコンウィングやフロントウィンドウのギミックもあり未来感が凄い世界最速究極の実用SUV、街乗りも乗りやすいが高速長距離走行で本領発揮。SUVでありながら超低重心でポルシェのような驚きのコーナーリングと操縦安定性。日本のXは全車AP2ハードウェア装備し将来はアップデートで完全自動運転対応。他車はこれを超えられるのか?
  • モデルSの個性
    Sはオシャレな究極の世界最速スポーティースーパーセダン。高級EVセダンらしくシーンとした静かけさと上質な乗り心地。エレガントなスタイルからは想像できない大人5人乗り(オプションで子供用+2)&大容量トランクの実用車でもある。高速操縦安定性とコーナリング性能はスーパーカーに近いレベルと感じるほど。ロングドライブでは静粛性が非常に高く疲れ知らずでオートパイロットと電費の良さも活かされまさに高速長距離走行のための車。オートパイロットはおおよそ2016年10月以降はAP2ハードウェア装備し将来は完全自動運転対応。それ以前のAP1でも現時点ではAP2と同等の性能を発揮していますが今後はアップデートで差が出てくると思います。他車はこれを超えられるのか?
  • オートパイロットAP1、AP2の違い
    現時点(2018年9月 2018.32.4)では実用上ほとんど差がないと言えると思います。
    車線認識はAP1の方が早く、すぐにオートパイロット(AP)モードにすることができます。AP2はAPが可能になるまで少し待たされます。APモードになったときの音がAP2はとても大きい。(個体差かも)
    メーター上の表示ですが、AP2はバイクも自転車も歩行者も車の表示になりますがAP1はトラック、一般車、バイクの3種類で表示されます。
    AP2の方が遠くの車両を認識するものの、ブレーキが早いわけではなくAP1と同レベル。ごくたまにほとんど減速無しに突っ込んでいくことがあるもの一緒です(笑)過信してはいけません。
    AP2の方が若干車間距離が広めかと思うが個体差かも知れません。
    登坂の頂点付近ではAP2の方が落ち着いています。AP1は頂上付近で迷いやふらつくことが多い印象。これはXの方が車高が高いせいがあるかも知れません。モデルSのAP2でまた検証したいところ。
    交差点や車線が消えたところでAP解除になるタイミングも同じような場所とタイミングでした。
    AP2で工事現場などのコーンを認識しているのでは?というのが2箇所ありました。認識しないことがほとんどでした。認識しているなら凄いです。
    AP2の個体が交差点や停止時にいちいち左に行きたがる困ったちゃんでしたが、それは加味していません。これは調整が必要ですのでサービスに伝えました。
    AP2が発売されて2年以上になるのですが、ようやくAP1と同レベルになったのは、ちょっと遅いのではないかと思います。本国ではようやく超えたのではという意見があります。車載されているAP用カメラも8個のうちまだ2~4個しか使っていないようでが、もうすぐ配信予定のVer9では かなりの進化が見られそうでこれからがどんどん差が出てくるところかと思います。
    私は陰ながらAP1の進化も期待していますが(笑)

annual_service_inspection_checklist_jp